お知らせ
おにむら歯科ブログ
おにむら歯科ブログ

認知症とともに

今朝の朝日新聞。

良かったです〜〜〜。

 

認知症診療の第一人者で、ご自身も認知症になった、長谷川和夫先生の話です。

 

普通に暮らすにはそう支障はないが、もの忘れがひどい。

自分の中の「確かさ」があやふやになっている。

朝起きて少し時間がたつと、、今が昼か夕方かはっきりしなくなる。

認知症というのは決して固定した状態ではなく、認知症とそうではない状態は連続していて、いったりきたりだそうです。

 

近くの有料老人ホームに体験入居をしたら、

食事がおっくうなとき、職員が上手に気持ちをのせて、食堂に連れて行ってくれる。

お風呂も最高!髪の毛もゴシゴシ洗ってくれて、王侯貴族のような気持ちだったそうです。

 

キリスト教徒である長谷川先生は言う。

「認知症は、すべての人に訪れる死を前に、神が与えてくれた「恩寵」かもしれない。

自分には心臓病もあり、本当に死を考えたら、不安でいっぱいのはず。

神様は、その不安をやわらげるために私を認知症にしてくれているのでは?

ならば、神の手に任せよう!

いずれにしても生きているうちが花。

過去ではなく今を生きることが大切。

明日やることはちょっとでも今日手をつける。

そんな心がけで生きようと思っています。」

 

隣町に住む次女が、毎朝、電話で先生と話すのが日課。

「すごく幸せだ」と、毎日言われるそう。

認知症になって不安やいやな気持ちはもちろんあるだろうが、それでも幸せだという気持ちを忘れていない。

 

ほしがっていた時計を買ったことも忘れて、いつも初めて聞いたように喜んでおられるので、

ご家族も何回も一緒に喜んで笑っておられるとのこと。

 

う〜〜〜〜む、なんてすばらしい!

今まで認知症が怖くて、ぼけだしたら、どうしたものか・・・と悩んでいたけれど

そうとはかぎらないのね。

 

お写真で拝見すると、先生は、柔和な穏やかなお顔。

隣の奥様も、ニコニコして、お優しそうで、お幸せそう。

 

お二人は人徳もあられるからこそ、今があるのかもしれない。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

この記事を見たと言うことは、ここから何かを学びなさいと、神様に言われているのかも。

 

まだ来ぬ未来を憂えず、今ここを感謝して生きる!!

なったらなったとき。神の手に委ねる。神様の言うとおり。

これしかない!!

 

そう学んだのでした。

 

 

| 副院長のブログ | ↑おにむら歯科 ページトップへ| 編集

 

カテゴリー

月別記事を見る

宮崎県歯科医師会

スタッフブログ

スタッフブログ

えんりん歯科クリニック