お知らせ

おにむら歯科ブログ
おにむら歯科ブログ

浮いてる?

50年ほど前、ある歯科の大先生が引退されて、息子さんに歯科医院をバトンタッチされた。

大先生は、引退しても、他にすることがなく手持ち無沙汰で、時々、白衣を着て診療室に現れる。

と、息子である若先生が嫌がって、「お父さんは出てくるな!」と言われたんだそうです。

そんな話を聞いて、まだ若造だったバー様は、その光景を思い描き、若先生の気持ちに自分の思いを重ねたものだ。

自分の好きなように回している歯科医院内に、古き残骸のような父上が監視に来るようで、いやだったんだろうな。

若先生の気持ち・・・わかるよ!

そしてそのことを、今頃思い出し、今度は、大先生の立場となって、大先生の気持ちはいかばかりだったろうか・・・

寂しかっただろうな・・・と思うのです。

 

我が家も息子が院長になって、私らジジババは少しずつ仕事をセーブしている。

段々息子の色が出てきて、かなり違った環境になってきている。もちろん、より高度に、より清潔に、よりスマートに・・・

その中で、昔の雰囲気がムンムンしているジジババが片隅で診療している。

特にババの方はまるで浪花節の世界に生きているような御仁。

ガハガハ笑うし、ため口で話すし、「ありがとね!またきてね!」と、まるで昔の野菜やさん。

周りの雰囲気から浮いてるわね・・・笑

 

最近。ジジが、用事で診療を休んだことがありました。

新院長と、新副院長(長男の嫁)、とババの3人での診療となりました。

すると、ババはなんだか居心地が悪い。

新スタイルの院内に、ぽつんと一軒家・・・じゃないけど、なんか浮いているような・・・

 

その時、上記の大先生を思い出しました。

 

いつか、同じ目に遭うことがありはしないか?

いや、うちの子に限って・・・いやそれが一番不確かかも・・・

なんて、心細くなりながら診療したのでした。

 

ここは私たちが作り上げた歯科医院。自分の生活、自分の人生の一部となっている。

少しずつ仕事を減らしてはいるけれど、決別するのにはまだまだ覚悟ができていない。

 

特にバー様は他にすることがないので(なんてつまらん奴なんだ!)

それに、何か社会とつながっていたい。人のためになりたい。

誰かのため、何かのために必要不可欠な存在でありたい!!!

 

子育て中は3人の子供が、お母さんおかあさん、と、争って膝に乗ってきていたのに。

それがどうだ、今では誰も寄りつかない(笑)

あの頃がバー様の黄金時代だったのかも。

誰かバー様を必要としてくれる人はいないのか?

バー様の元に来てくださる患者さん。

ありがたく思っています。感謝していますよ。

 

こんなババでよかったら喜んで治療させていただきますとも!

最近、そう思うバー様なのでした。

 

 

 

 

| 副院長のブログ | ↑おにむら歯科 ページトップへ| 編集

 

カテゴリー

宮崎県歯科医師会

スタッフブログ

スタッフブログ

えんりん歯科クリニック