お知らせ

おにむら歯科ブログ
おにむら歯科ブログ

100万回きいた!

下手くそで有名な?ゴルフ。

それでも、バー様は、果敢にラウンドするのです。

まだ、今ほど暑くない季節にラウンドした時。

いい天気ではありましたが、風もあり、暑くない。

で、半袖でラウンドしたのでしたが、ハーフを終わって、クラブハウスのレストランに着く頃には、

なんと、両腕が真っ赤になって、腫れ上がってしまいました。

まるでやけど。痛いんです。

レストランのスタッフが、そんなバー様を心配して、氷を入れたビニール袋を持ってきてくれました。

「まあ、ありがとうございます。」

それでガンガン冷やすと痛みも取れ、赤みも引いてきました。午後からは長袖を着てラウンドしたのでした。

ジー様は?

同じ半袖でしたが、全くそんな症状は出ません。

バー様のことを「これくらいのことで、腕が赤くなったりして・・・弱いもんじゃ!」と馬鹿にするのです。

そこでバー様は、ジー様にいいました。

「私は・・・隠していたけど、実は高い身分の出なので、一般庶民のあなたとは・・・違うんです!!」

と、『本当のお姫様』の話をして聞かせるのです。

 

「ほら、『本当のお姫様』の童話を知ってるかい?

ある国で、お城の王子様がお嫁さんを探していたが、なかなか見つからない。そんなある夜。旅の女性が一晩泊めてくれ、とお城を訪ねてくる。

王子様は彼女のために用意したベッドに、空豆を数個、蒔いて、その上に敷布団を10数枚重ねる。

そして次の朝、『よく眠れましたか?』と彼女に尋ねる。

彼女は答える。『いいえ、ベッドがゴロゴロして、背中に何個も、あざができました。』そのあざはまさに前夜、蒔いた空豆と同じ数だったのです!  彼女こそ、『本当のお姫様だ!』と、二人は結婚したのでした。」

 

「ね、私、『本当のお姫様』なの。だから、何でもない日差しで、こんなに真っ赤に腫れ上がるの!うふっ!!」

と、ちょい、首をかしげてジー様を見つめる。

 

「あ”〜〜〜〜〜〜、うるさい!もう、100万回聞いたっ!!!」

と、ジー様が嫌がること嫌がること・・・

ふふふ・・・やった〜!!

いつもバー様をディスるジー様に、一矢報いた感じ。

 

ま、こんな馬鹿なことを真剣に言い合いながら・・・毎日を生きています。

 

注)本当のお姫様の話は旧ブログにもよく出てきます。バー様の大好きな童話です。

 

 

 

 

| 副院長のブログ | ↑おにむら歯科 ページトップへ| 編集

 

カテゴリー

宮崎県歯科医師会

スタッフブログ

スタッフブログ

えんりん歯科クリニック