お知らせ

おにむら歯科ブログ
おにむら歯科ブログ

いい距離感

子供ができて、初めてわかる親の気持ち。

およそ37年前、私どもが宮崎で開業するとなったとき。

それはうちの両親のたっての願いでもあったけど、

今考えてみると、父母も全精力をかけて、表になり陰になり助けてくれた。

土地を探すところから、銀行、業者との交渉、等々。

金銭面でもそう。当時貯金なんて雀の涙ほどだった私たち夫婦。その開業資金も助けてくれた。

両親は、それこそ自分たちの人生をかけて私たち娘夫婦に協力してくれた。

 

当時、私は両親の夢を自分がかなえてあげるのだから(笑)色々してくれて当然だと思っていた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

両親に言われたとおりに動いただけ・・・だけど、それを最終的に決めたのは自分!

自分の人生に責任をもたなかったな。人任せ。

今となって反省です。

 

それは母子の関係が共依存で、母=私 だったので、してもらってるなんて感覚はなかった。

それが後々大きな問題になったわけです。

 

親子関係には、境界線が必要。

親には親の人生。子にはこの人生がある。

アドラーも言っていたじゃない。

「自分の人生の責任は自分でとるしかない」

「人の課題に土足で踏み込まない!」

 

しっかり境界線を引くべきであったな。

晩年の母(亡くなる前)の言動は、今にも大粒の雨が降り出しそうな曇天のごとく、全面的に私に覆い被さるようで・・・

それは重くて苦しくて、私は潰されそうな思いで毎日を過ごしていた。

今思い出しても苦しくなる。

亡くなった時は、もちろん悲しかったけど、ホッとした・・・と言うのが正直なところですね。(涙)

 

いい距離感。

親子であろうと、夫婦であろうと、誰であろうと、いい人間関係を保つためにはしっかりとした境界線を引き、良い距離感は必要。

この人生でこの歳になって学んだ真実の一つです。

3人の子供達がそろってそろそろ家を持ちたい・・・ということで、親として何をしてやれるか?

考えたときに母のことを思い出した次第です。

 

母は母なりに子供(私)のために、自分のやり方で精一杯、尽くしてくれたのよね。

それには本当に感謝します。ありがとう!

 

私は私なりに、子供達といい距離感を持ちながら・・・付き合っていきたいと思うのでした。

 

 

| 副院長のブログ | ↑おにむら歯科 ページトップへ| 編集

 

カテゴリー

宮崎県歯科医師会

スタッフブログ

スタッフブログ

えんりん歯科クリニック