お知らせ

おにむら歯科ブログ
おにむら歯科ブログ

もしかして

今年31歳になる娘が小学校に入学した時、同級生だった男の子・・・にそっくりな子供さんが、今、うちの歯科に通っています。

とても似ていたので、もしかして・・・と名前を見ると、そう、あの子の名字。

で、ついてきたお母さんに尋ねると、「ああ、それは兄かもしれません。」と言われる。

と言うことは、甥っ子ね。

 

やっぱりね、と、ある情景が思い出されました。

 

その昔。

娘は小さくて、入学式の時最前列。

その隣は男の子。

校長先生が新入生に、「休め!」と言ってから、皆の前でお話をされます。

最前列の子達は、足を肩幅に広げ、手は腰に。

ところが、何を思ったか、その男の子は休め!の片足を大きく広げて、隣の娘の足を踏みつけました。

校長先生のお話の間中、ずっと踏んづけたまま。

娘はというと、泣きそうな顔でもじもじしていました。

校長先生の前、動くこともできず、ずっと耐えていたのでしょう。

 

校長先生はお話が終わると、その男の子に、「足を踏んづけてはダメだよ!」と、注意されました。

そして、娘には

「あなたはよく我慢しましたね!」と、ほめてくださいました。

 

見てる方はおかしくて、おかしくて・・・

もう、四半世紀前のことですが、忘れられません。

時折、その情景をふと思い出しては、一人で笑っています。

 

懐かしいですね。

小さかった娘。

食が細く、痩せひぼけていた娘。

 

今でも細身ではあるけれど、しっかり大きくなって(笑)、たくましい二人の子供のお母さん。

 

時の流れを思います。

子供達、みんなあの頃はかわいかった(笑)

本当に懐かしいです。はい。

 

 

 

 

 

 

 

 

| 副院長のブログ | ↑おにむら歯科 ページトップへ| 編集

 

カテゴリー

宮崎県歯科医師会

スタッフブログ

スタッフブログ

えんりん歯科クリニック