お知らせ

おにむら歯科ブログ
おにむら歯科ブログ

お宮参り

お宮参りの日。

神社に行く前に写真屋さんに行きました。

おとなしい赤ん坊で、おっぱいを沢山飲ませ、ベビードレスを着せて、用意万端。

泣かずに写真館にたどり着きました。

が、いざ撮影!と言うときに眠たくなってぐずり出しました。

撮影する際、動かないように、椅子に赤ん坊をくくりつけ、その上に晴れ着(着物)をかぶせるのです。うわ〜、まるで拘束帯!

抱っこもしてもらえず、眠たくて泣き続ける赤ん坊。

カメラマンさんは、泣き止ませようと、ガラガラで激しくあやす。(うるさ〜い!)

今度は眠らないようにと、足をモミモミマッサージし続ける。(かわいそう、寝させてやればいいのに)

見てて切なくなり、娘が「もういいですよ!」と言うのですが、

そこはプロのカメラマン。プライドをかけて納得いくまで・・・許してくれない。

で、結局、泣く前の試し撮りを採用!(ははは・・・)

次は全員で。なんとかこなす。

さ、今度は親子4人で。

その時、お姉ちゃんの方が(もうすぐ3歳)ぐずりだし、大泣き。

両親、ジジババ、カメラマン、助手の方、皆でなだめすかすけど、部屋の隅で横になったまま。

無理矢理連れてくると、足がグニャ〜・・・立たない。

なんとか立たせると、今度は死んだふり。

もう、カメラマンさんや助手の方、両親、ジジババの阿鼻叫喚!?

あまりの惨状に、ジー様はもう涙を流して大笑いする始末。

「ちゃんとしたら、終わってからあんぱんまんミュージアムに連れて行くよ!」

娘の最後の切り札に、孫はなんとか目を開け、グニャグニャしながらもOK.

次は赤ちゃんと、孫娘。

今度はどうしたのか、乗り気になって、優しいお姉ちゃんぶりで赤ん坊をよしよし。スムーズに撮影を終わったのでした。

ふ〜〜〜〜〜〜〜〜〜っ!!!!!!

 

そして神社にお宮参り。

5メートルほどの大きな節分用の鬼が飾ってありました。

孫が怖がる怖がる。

おばあちゃんが、なんてこと無いよ、ほら!

と、手でたたいてみせると、孫は、

「全然、怖くないよ!パパも見てごらん!」と、すっかりご機嫌になりました。

厳かにお祓いは終わり・・・

みな、這々の体で家に帰り着いたのでした。

娘と孫たちは自分たちのお部屋に直行!でお昼寝。

ジジババはこたつに潜り込み横になる。

すると、婿どんもこたつに潜り込み、3人でお昼寝したのでした。

無防備(笑)に、婿どんはスースー寝息を立てている。舅姑に気を遣わなくてすんでいるのね。フフフ・・・

その時思いました。

この構図って、ちょっといいんじゃない?

これも一つの幸せ。

ありがたいよね。

ジ〜ン・・・・

ということで、忘れられないお宮参りの一日でした。はい。

| 副院長のブログ | ↑おにむら歯科 ページトップへ| 編集

 

カテゴリー

宮崎県歯科医師会

スタッフブログ

スタッフブログ

えんりん歯科クリニック