お知らせ

おにむら歯科ブログ
おにむら歯科ブログ

まんが日本昔話

まんが日本昔話。

テレビで、昔、毎週土曜日夜に放映されていたもの。

覚えていますか?

語りは市原悦子さんと常田富士男さんの二人だけ。それはそれはほのぼのとした番組でした。

我が家でも、親子して楽しみにして見ていました。

100冊?ほどの、小さな全集も買って、寝る前、読み聞かせをしていました。

それからうん十年。

その存在すらすっかり忘れていました。

孫が帰ってきて、バー様が孫のお世話係で、毎日寝かしつけることとになりました。

なかなか眠らない孫に、ちょっと怖いお話をして、

「ねんねしないと、○○がくるよ〜〜〜!」と、脅かすしかない!!

と、思いついたのが、まんが日本昔話。

その中で、お気に入りなのが、「3枚のおふだ」と、「おいてけ堀」の2話。

これを孫に話すことにしました。

ぼろぼろの絵本を読んだり、

時にはスマホの、you tube 出検索して探し出し、本家の声優さんにお話までしてもらいます。

孫は神妙にして聞いていますが、

途中から、「おばあちゃん」と、しがみついてきます。

終わると、「怖かった」「怖かった」と、言う孫。

ふふふ・・・うまくいったかも。

で、結局寝ません。

それどころか、毎日孫から、「3枚のおふだ〜!」と、せがまれることになってしまいました。(汗)

え〜〜〜、また〜?

でも、一緒にそのボロボロの絵本を読んでいると、30年前のことを思い出します。

当時、

物語の、怖〜いヤマバでは、バー様が山姥になったり、のっぺらぼうになったり。いや、なりきる!!大得意!!!

3枚のお札では、「ショーキショーキ」(山姥が夜中に包丁を研ぐさま)とか、 「待て〜〜〜〜〜っ!!」(山姥が小僧さんをおいかける)

おいてけ堀では、「それって、こういう顔じゃあなかったですか?・・・つるん!!」(のっぺらぼうになるとき)

迫真の演技をしては、子供たちの怖がる様子を喜んでいました。

子供たち、覚えていてくれてるかな〜

あの頃は子供たちもかわいかった。バー様も若かったな・・・笑

もう、30年も経ったのか・・・

そんな昔を懐かしく思う毎日です。

| 副院長のブログ | ↑おにむら歯科 ページトップへ| 編集

 

カテゴリー

宮崎県歯科医師会

スタッフブログ

スタッフブログ

えんりん歯科クリニック