お知らせ
おにむら歯科ブログ
おにむら歯科ブログ

今日も頑張る!

朝起きると・・・

朝ごはんはなにがあったっけ?(大人3人子供一人) 昼には何を食べさせよう?(昼は大人4人) 夜は?(大人3人、子供一人)

明日の朝は?これに大食漢の婿ドンが泊まりに来たときは・・・ひえ〜〜〜〜〜〜っ!!!汗、汗、汗、・・・

と、

バー様の頭の中は、食事のことで頭が一杯!!!!

朝から昼の下ごしらえをしたり、夜のご飯の炊飯予約をしたりしています。

いつも書いていますが、苦手なんですよ、お料理。

食べる量が不足してはいけないと、ついつい多めに作ったり買ったりしますが、余ることもある。

「足りないよりいいか、余ったら、バー様が残りを食べればいいんだからね。」

と思っているけど、捨ててしまうこともある。

すると娘様が、「こんなことしてたら、おかあさんは地獄に落ちるよ!」とノタマウではないですか!

そうよね。その通りです。でも・・・

少なすぎると、果物は?甘いものは?と、いうので、これもまた用意しておかねばならない。

朝昼晩のおかず、甘いもの、果物、・・・

毎日買い出しに行くバー様。

戦時中みたいに、手もちぎれんばかりにどっさりと買い込む。

先日は、孫も買い物に連れていき、買ったもの(自分の分)を自分で持たせると、少し歩いて、

「重た〜い!〇〇ちゃん、もう限界!」

というではありませんかっ!

「自分のものは自分で持ちなさいっ!!」と、厳しく言うと、「もう歩けない、抱っこ!」と、その場を動かなくなる。

「もう、歩けなくなったの」と、地面にしゃがみこんでしまう。

こっちは早くご飯作らなくっちゃと焦っているのに、んもう、どうしたんだよぉ。(怒)

結局手もちぎれんばかりの荷物を肩に、米俵のような孫を抱いて、よたよたと車まで運ぶ。

きっと鬼の形相!人が見たらおかしいだろうな・・・

こんなことをしょっちゅうしているので、あまりの重さで、あちこちの角にぶつかり、腕や足には青あざがいっぱい(涙)

バー様は民間ウェイトリフティングの選手か?

青息吐息、ふうふう言いながら毎日をなんとかこなしていますが、こんな日もあとひと月ほど。

帰ってしまえば、静かな、寂しい日々になるだろう。(寂)

ということは、今を精いっぱいこなして、面白がろうじゃないですか!!

で、バー様は今日も頑張る!

 

| 副院長のブログ | ↑おにむら歯科 ページトップへ| 編集

 

怖〜いお話

昔々。

夜遅くなっても眠らない子供がいました。

おじいちゃんやおばあちゃんが

「もう夜遅いから、寝なさい!」といくら言っても

「いやっ!!!!遊ぶっ!!!」といって、眠りません。

仕方ないので、おじちゃんやおばあちゃんは眠ってしまいました。

子供は一人で遊んでいました。

すると、突然、明かりが消えてしまいました。

「眠っていない子はいないかぁ〜、お目目をつぶっていない子はいないか〜、食べちゃうぞ〜」

と、怖い声が聞こえました。

眼玉ぎょろぎょろお化けです。

お化けは・・・

 

と、ここで突然、孫が、うわ〜〜〜〜〜〜〜ん!!!と、泣き出しました。

11時過ぎになって、やっと布団に入った孫に、疲れ切ったバー様がお話をして聞かせていたのです。

泣いてしがみつく孫に、

「これはお話よ!大丈夫!」と言ったって3歳前の子。わからないわね〜。

「大丈夫!!!おじいちゃんとおばあちゃんはとっても強くて、眼玉ぎょろぎょろお化けなんて、すぐやっつけられるんだ!

えいえい!ってね。お化けは『ごめんなさい、ごめんなさい』といって、逃げていきましたとさ。

布団にもぐりこんで、泣きながらバー様にしがみつく孫(汗)

 

参りました。それよりこんな小さな子供を脅して、困ったバー様ですね。

ママが入院中で、しわしわのバー様と寝るしかなく、幼心にいろんなストレスを抱えていることだろう。

眠りたくないのもわかる。

ごめんね。孫ちゃん。

 

でもね、今日はママが退院してくるんだ!

今日からは、ぴちぴちの大好きなママと眠れるからね!

 

ということで、今日からは生まれたばかりの赤ちゃんが増えることになります。

ますますバー様は忙しくなるのだろうか?

うれしさと、ちょっぴり不安と。

 

新しいステージでのバー様修業は続くのでした。

 

 

| 副院長のブログ | ↑おにむら歯科 ページトップへ| 編集

 

叱られて

娘様は帝王切開だったので、術後のお世話もさせていただきました。

手術直後に、何か書類を提出しなければならないということで、動けない娘様に代わってバー様は娘様に押印を頼まれました。

娘のハンコはシャチハタらしいのですが、それは見たこともないタイプ。

我家のは、ふたを取って、ぺったん!するやつ。

娘のは長い透明な筒がついていて・・・

どうするんだろう?その蓋をカパッ!と開けました。そしたら元に戻らなくなってオロオロしていたら、

「そこらは触っちゃダメじゃないの!判をつけば自然に開くの!」

「ほう、いつの間にかすごいのができたんだね・・・どうすればいいの?」

と言いながら、なんとか判をついた!!

そしたら、なんと上下さかさまだった(笑)

「あれ〜、さかさまになっちゃったよ!」と、いつもの調子で言うと、

娘様が、ノタマウ。

「一回、押してみたっ?普通、押してみてから本番に備えるよね!!なんで一度押してみなかったのっ?」(オカンムリ)

そ、そうとも言える(笑)

ま、いいじゃん、これでもつかえるよ

と、心の中で思いながら、上目遣いでうつむいて黙っておりました。

娘様には一切反論しませんでした。

産後だから、気も立つよね

はいはい、庄屋様。すべてがおっしゃる通りでごぜーますだ(平身低頭)

ああ、普通でないって、いろんなおかしいことがあるのね。

おもしろかったです。ふふふ・・・

| 副院長のブログ | ↑おにむら歯科 ページトップへ| 編集

 

ブタさんのお鼻

なかなか眠らない孫。

ママは出産で入院中。

パパもうちに来ているけど、眠るときはおばーちゃんと。

そのおばーちゃん。

お布団に入ってから

眠る前の儀式?に、へとへと。

何冊絵本を読めばいいんだよっ!!(怒)

こちらが眠ってしまいそう。

絵本を持つ手も疲れてブルブル。

最後は、「絵本はもうおしまい!おばーちゃんがお話してあげる!」

「あるところに○○ちゃん(孫)がいました。

○○ちゃんはいつも鼻をほじっていました。(最近、『やめなさい!』というと、かえってわざとほじるようになっている)

あんまりほじったので、鼻の穴がこ〜んなに大きくなってしまいました。まるでブタさんです。

と、両手で親指と人差指で大きな丸を作る。

さ〜あ、○○ちゃんは今の小さなお鼻と、こ〜〜〜ンな大きなお鼻と、どっちがいい?」

と言うと、

孫は、キャ〜キャ〜喜んで、『今のほうがいい』とは言いますが、ますます元気になって目が覚めてしまう・・・(涙)

こんなことを繰り返して、やっと、本当にやっと・・・眠りにつく。

ママのいない不安を幼心に感じているんだよね(涙)

寝付いた後、

ジー様が、もっとまともな話はできんとかっ!!(怒)

と言いますが、こんな話しか思い浮かばないもの。

そうそう、最近、バー様は鼻血が出た。

孫は不思議そうにバー様を見る。

「ほら、〇〇ちゃん、見てごらんよ。おばーちゃんは鼻ほじしすぎて、お鼻から血が出てきたよ!!

ね、鼻ほじほじしちゃだめだよ!」

「うん」と、神妙な顔をしてうなづく孫。

う〜む、これって、教育になっているだろうか?

ま、いいか。

 

もう、毎日しっちゃかめっちゃか。

パワー全開!ぶっ飛ばしています。

 

 

 

 

| 副院長のブログ | ↑おにむら歯科 ページトップへ| 編集

 

4人目の孫

おかげさまで無事、4人目の孫が生まれました。男の子です。

「生まれましたよ!」と、看護師さんに呼ばれた時。

バー様は、婿ドンに「ほら、○○ちゃんを抱っこして、二人で行きなさい!」と、うながしました。

それは、以前から、赤ちゃんを最初に見るのは婿ドンとその長女から。自分は後から!!と、決心していたのです。

呼ばれていくと、とても小さくてまっかっか!ほんとに赤ちゃんだ!元気よく泣いて動いておちんちんがついています。

この世に生まれたてで、不安でいっぱいなのでしょうか?大声で泣きながら、何かを探すように両手足をバタバタ動かしています。

こんなに小さいのに一生懸命に生きようとしてる!・・・やっぱり感動しますね。(涙がつつー)

「初めまして!おばあちゃんです。これからよろしくね!」

看護師さんが言いました。

「抱っこしてもいいですよ」

「お母さんから(娘のことね)、まずは、お父さん(婿ドン)つぎにお母さん(私のことよ)の順に抱っこしてください、とのことです。」

まあ、それくらいわきまえているわ!バー様だってそのつもりですよ〜〜〜だ!と、心の中で思いながら、赤ちゃんを恐る恐る抱く婿ドンを激写したのでした。

それからおもむろにバー様が抱っこ!

これが私の孫なのね?

ほら、孫はどんなにかわいくても、かわいがっても、自分にどれだけなついても、自分のものではない。

子供たち夫婦のもの。

心に距離感と、ある種の境界線をもって接すること。

それをいつも自分に言い聞かせています。

そうでないと孫依存症になっちゃうかも。

そういえば、

入院する前、娘が私たちジジババに、ジジババが預かる上の子供の扱いについて、いろいろ注意点を話します。

甘いものを与えない!という娘の方針に、そこまでしなくても・・・と思うけど、「はいはい。そう致します。」

ジジババはどうしても甘くなるからね。

テレビは一日、一番組だけ。夜寝る前は10冊本を読む!(ひえ〜〜〜〜〜〜っ!!で、できましぇ〜〜〜〜ン!)

早く寝せる。おもちゃは買わない!

等々、いろいろ言われましたが、はいはい!・・・で、もしかしたら右の耳から左の耳に・・・(笑)

あんなこんなで、毎日激動の日々を過ごしています。

ま、とにかく元気に生まれてよかったです。

赤ちゃん。頑張って生きていくんだよ!!

| 副院長のブログ | ↑おにむら歯科 ページトップへ| 編集

 

ママがいない(泣)

診療室で小さい子供が、大きな声で「おばあちゃん!!」と、よんでいます。

あれがうちの孫です。娘のところの子です。

「おばあちゃん、なにしてるの?」

患者さんに悪くて、小さな声で「歯医者さんしてるんだよ」

というと、「歯医者さんしたい!」と言い出します。

診療が終わって食事もお風呂おはいった後、その孫が「歯医者さんにいこうよ!」

と、我々ジジババを連れて行き、エプロンをかけ、自分が歯医者さんになってお口の中に何かを突っ込んでくれなす。(汗)

ほほう・・・環境って子供の成長に影響するもんだな・・・

したたか歯医者さんごっごいして、やっと眠りにつくのでした。

娘がテレビを見せたらいかん!というので、ジジババは好きなテレビも我慢。

寝るまでお守り。

娘が入院したら、婿ドンが帰ってきてくれるので、寝るときはパパが面倒みるだろう。

ただパパがかえったあと、4日ほどは、家にいるのはジジババだけ。

ここが最大の山場。ママがいない、パパがいないと、寝る前、夜中、起きてから、大泣きするだろうな。

仕方ないもの。泣かせようじゃないか。

腹をくくって!

今日は娘の入院に付き添いとしていってきますね。

う〜〜〜〜〜〜〜バー様がんばる!!

| 副院長のブログ | ↑おにむら歯科 ページトップへ| 編集

 

反対じゃないかい?

一生懸命に仕事にまい進する長男が、肩が凝った!と、最近言います。

なかなか良くならないので、このバー様が置き鍼をしてやりました。

次の日「全然よくならない!」と、バリバリはがしています。

あら〜、すぐ効かなくても少しずつ良くなっていくのに・・・

と、老母は思うわけです。

若い人に、東洋医学を押し付けても無駄!

若い人はすぐ、エビデンスは?と、聞いてくる。

エビデンスと言われても、うまく説明はできない。

科学的なエビデンスだけで説明しきれないことってあるんだよ。

見えないものを信じる力もそう。

 

娘も、臨月のおなかを抱えて腰が痛い、背中が痛い。といいますので、置き鍼をしてやると、たいてい症状が軽くなるのです。

ですから、何かがあると「鍼をして!」と言います。

また、見えない世界についても信じているかどうかはわかりませんが、老母の言うことを聞こうとする心を持っています。

 

で、その二人が目の前にいる。

心優しいバー様は、何と言われても、どら、肩をもんであげよう!

と、息子様と娘様の方をもませていただくのです。

自分でマッサージしながら、あれ?これってなんか変じゃない?

一般的に、子供が老母の方をもむのが普通じゃないかい?

そう思いながらも、早く良くなれ!と、心を込めてお二人様のマッサージをさせていただいたのでした。

あ”〜〜〜〜〜〜、肩が凝った!!(笑)

| 副院長のブログ | ↑おにむら歯科 ページトップへ| 編集

 

面白がって!

衛生士のエビちゃんが産休に入りました。

臨月に入って

「もう、お腹がつかえて限界です!」と言うまでギリギリまで働いてくれたのです。

ありがとうね!ホント、感謝しかないです!!!!(涙)

復帰、待ってるからね〜〜〜〜!!

そういう我が家も、娘の子連れ出産と言うことで、バタバタしています。

婿どんがこちらに帰っていないときは、仕事はできません。孫の守に専念しなければなりません。

ドタバタする母親のバー様を見て、

「今度赤ちゃんを産むときは、もうこっちには帰ってこないからね。だって迷惑をかけるもん。」

なんていうではありませんか!

そんなこと言わないでよぉ〜〜〜!

他家に嫁いだ娘と数ヶ月過ごせるチャンスなんて、このときを逃したらないわ!

からだがきつい、忙しい、と言ってるけど帰ってきてくれて心から喜んでいるんだから。

え?今度赤ちゃんを産む時って、3人目も産むつもりなのね?

偉いぞ!さすが我が娘!!

その時は是非帰っておいで。

こちとら、どんなによぼよぼになっていても待ってるからね!

その頃はバー様も、仕事のペースがかなりゆっくりになっているはず。

がんばろうよ!

体はきついけど

このめまぐるしい、怒濤の日々を大切に面白がっていこうじゃないか!

そう思うのでした。

 

 

 

 

| 副院長のブログ | ↑おにむら歯科 ページトップへ| 編集

 

嫁姑って

毎日怒涛の日々を送っています。

娘が帰っていくまで体がもつかな?(汗)

今週、出産することに決まりました。

やるっきゃないです!!

 

さて、先日の面白かった新聞記事をご紹介します。

朝日新聞R1.11.22の「語る〜人生の贈りもの」という記事です。

いつものように、コピペします!!

この日は上沼恵美子さんでした。

「姑とは冷戦 私の洗濯物だけ・・・」という副題です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 昔、ラジオで亡き姑の話をしたら、自殺を思いとどまってくれたリスナーがいました。それも1人じゃなくて、3人です。

やはり姑さんのことで悩んでて、「私、まだ笑えるんやったら死なんでエエんやな」と考え直したそうです。

<上沼さんの嫁姑問題は主婦層から絶大の支持を受ける"テッパン”の題材だ>

嫁と姑のケンカは取っ組み合いなんてしません。冷戦です。まあ、愛する息子を奪われた気持ちはわからなくなないですが。

 新婚時代、買い物の途中で雨が降った。洗濯物を干しているからあわてて帰って「お義母さん、雨です!」と叫んだら、

「そうね」とひとこと。ふと見たら、私の洗濯物だけ干したままでずぶぬれ。自分と夫のだけ取り込まれていました。

 「恵美子さん、ちょっとごらんなさい」とよばれて、お見合い写真を見せられたこともありました。「あの子(夫)はね、この人と結婚するはずだったのよ」と。

「そうですか、すみません」と答えたら、「仕方ないわよ。あなたたちは自由結婚だから」といわれました。「恋愛」という言葉は絶対使いませんでしたね。

 ある日、お義母さんがスイカを4分の1買ってきました。お礼を言って、私が切ろうとしたら「私が切るから座ってて」と言った。そして端の2切れを私に、真ん中の2切れを大きく切って、主人と自分に。主人が「恵美子、端っこじゃないか。ぼくのを食べなさい」と言うと、「お義母さんの目が、キッと吊り上がったんです。

 翌日、実の母に電話で話したら、数時間後に大きなスイカを1玉抱えて訪ねてきました。母は家に入るなり、そのスイカをテーブルにドンと置いて、「恵美子、これ1個全部食べ!」と言った。泣けました。

 ただ、姑は私たちの息子2人には、すごい優しい人でした。次男は結婚していますが、私、大目さんとはすごく仲良くしています。同じ思いは絶対にさせたくないですからね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

ひえ〜〜〜〜っ、こんなお姑さんがいるんですね!?

私の姑はとてもやさしい人柄のいい、素晴らしい人でしたから、幸せな嫁姑関係でした。

ですから、うちのお嫁さんたちとは、(姑を見習って)心から仲良くしていきたと思っています。

そういえば、私の友達も、姑から「うちの息子は立派で、あなたとは不釣り合いだ」と言われたり、

それホント?というくらい、いろいろ仕打ちをされ続けて、心身共に参っていました。

なんて慰めていいのかわかりませんでした。

愛する夫のお母さんだからと、彼女は苦しみながらも仕え続けて、最後まで看取りました。

亡くなられる前にありがとうと言われた・・・げな。

 

彼女はその一言で救われたんだろうか?

その答えはまだ聞いていません。

 

ホント、いろんな嫁姑の関係があるもんですね。

 

| 副院長のブログ | ↑おにむら歯科 ページトップへ| 編集

 

突然の帰省

この2連休に、婿ドンがかえってくると聞いていたけど。

昨日の夜半、突然帰ってきました。

ありゃ〜〜〜、よっぽど妻子に会いたいのね。いいよ、いいよ。おかえりなさい。

としてたら、今度はお嫁さんから、明日(今日のことね)うちで業者の人との話し合いの後、そのまま泊まってもいいですか?とのメールが来ました。

いいよ、いいよ。孫たちが勢ぞろい。そりゃあ、にぎやかになるね!!楽しみ!!

我家の女中さんであるバー様は、ああ・・・何を食べさせよう!!!????

って言ったって、仕事もあるから、朝早く起きて、煮物を作ったり、おでんを作ったり、焼きそば野菜をいためたりと、

簡単なものは準備しているわけです。

それが特別おいしかったらだけど・・・ねぇ・・・(汗)

貧弱なレパートリーでは対処できず、つい、お惣菜やデリバリーに頼ってしまいます。

ま、できる範囲で頑張るから、許してね。

気持ちの問題よ!

みんなを大切に思う気持ちが伝わるといいけど。

それって味に出てくれるといいんだけど、そうはうまくはいかないわね。

というわけで、最近のバー様の頭の中は、

何を食べさせるか!?

娘が入院した後の、孫の対処の仕方(眠るとき、ママ〜ママ〜って泣くにきまってる)

仕事と、育児と、家事と、どう対処いていけばいいのか?

そんなことでいっぱいいっぱいです。

がんばれ!バー様!

 

| 副院長のブログ | ↑おにむら歯科 ページトップへ| 編集

 

カテゴリー

月別記事を見る

宮崎県歯科医師会

スタッフブログ

スタッフブログ

えんりん歯科クリニック