お知らせ

おにむら歯科ブログ
おにむら歯科ブログ

前向きに前向きに

話題の映画「パラサイト 半地下の家族」を観に行きました。

週刊誌などで前評価が高かったので、興味があったのですが、

最近アカデミー賞までとってしまった。

こりゃ、観に行かなくちゃ!と、ジジババで出かけました。

いや〜、面白かったデス。

絶対ありえない話だけど、ハラハラドキドキするシーン満載。

目を覆うようなシーンも。

ホラー?じゃないけど、怖い! 悲劇とブラックコメディ、社会風刺、がごっちゃの映画。

気の弱いバー様は何度目を覆ったか(笑)

一度観ても損はないかも。

ジー様など、もう一度観にいこうかな?なんて言ってます。

はじめの頃のいろんなシーンや言葉が、後半の伏線になっているのを、帰りがけに気づいたりして。

ま、観てくださいね。面白かったから。

そうよ、時々は映画を見に行こう!リフレッシュしよう!

シニア料金だしね!

色々悩みのある、今日この頃。

何があってもいつもニコニコ!

自分で自分の機嫌がとれなくてどうする!

昨日の新聞広告で田坂広志さんの新刊「運気を磨く 心を浄化する3つの技法」。

幸運は「不幸な出来事」の姿をして、やってくる。とサブタイトルがありました。

そうよ、きっとそう。

きっとうまくいく。

前向きに、前向きに。笑

 

 

 

 

 

| 副院長のブログ | ↑おにむら歯科 ページトップへ| 編集

 

幸せなラウンド

はい。雨の中。

3人の男性とゴルフラウンドしてきました。

今回はキャディさんなし!うれしい!

だって下手くそだから迷惑かけるもんね。

こちらが気を遣ってしまう。

男性3人はうちのジー様と、友達の先生と、業者のかた。

いつものように、オープン参加にしてもらい、自由に気ままにプレイ!

お二人とも、ほんと、優しくて、お人柄が良くって、やさしくしてくださって・・・もうバー様は幸せの雲の上。

ああ・・・し・あ・わ・せ・・・(笑)

テクテク歩き回って、打ちまくって・・・

しかし、ボール一個もなくさなかった。エッヘン!!

ははは・・・こんなのなんの自慢にもならないけどね。

最近、自分の下手をまるごと受け止められるようになったバー様。

肩の力が抜け、だからといって全然スコアは良くならず。

ま、気楽に楽しんでプレイできるようになったと言うことでしょうか?

ここまで来るのに、苦節○年!

諦めずによく頑張ったよ。

いつもジー様が言う、「普通の人ならこんな下手だったらやめるよ!あんたはやめないで、偉いよ!」

褒められてるんだか、けなされてるんだか・・・

身体を動かすのがめんどくさいタイプなので、表向きは健康のためと割り切る。

(本当はうまくなりたかったんだけど、届かぬ夢で終わりそう。)

ま、自分は自分の道を行く。

| 副院長のブログ | ↑おにむら歯科 ページトップへ| 編集

 

いつもニコニコ機嫌良く

長男とけんかしました(笑)

いい年こいたバー様と、おじさん(長男)が言い合うわけです。

バー様も、大抵のことは口出しすまいと思っていますが、

これだけは譲れない!と、思い、意見したのです。

長男は「自分の考えでやってるから、口出ししないでくれ!」というようなことを言います。

バー様は自分が全て正しいとは思わない。長男には長男の考えもあるだろう。

でも、そんな口のきき方はないだろう!カッチーン!(怒)

ほら、時代劇で立派な息子が母親を前に、平身低頭、

「母上。承知つかまつりました。」

な〜んていうシーンがあるけど、超うらやましい。

夜、お友達とウォーキングをして、その話をすると、彼女も同じ悩みがあるという。

彼女が言う。

「ご主人が聞いてくれるからいいわ〜。私は一人でその思いを処理しなくちゃいけないのよ!」」

彼女はご主人様を亡くされてもう十数年。一人で頑張ってきた。

そうね、ジー様に話すと、

「いいわ〜、なんてことないわ〜」と、間延びした声でこたえる。

と、こちらも、「そうね〜、なんてことないわ〜」

と思ってしまうから不思議。

気を取り直して、よく考えてみる。

息子はバー様に甘えて?言いたい放題言うけど、真の姿は優しい子。

真実の姿を見なくちゃ!

何かあってその時は心を濁しても、すぐ気を取り直して、いつもニコニコ機嫌良く!

これが究極の人間修行!!簡単そうだけどなかなかできませんよ。

でも、昨日は、彼も何か悩みがあるのかもね・・・なんて、割と早く心が和み、普段のペースに戻ったのでした。

息子も帰るときは「おつかれさま!」と声をかけてくれました。

そうね。小さな事にとらわれて心乱れるより、不動心目指して、はい。もう一度。

いつもニコニコ機嫌良く、穏やかに和やかに、楽しく・・・ね!

 

| 副院長のブログ | ↑おにむら歯科 ページトップへ| 編集

 

思い通りにはいかないよ。

スタッフが辞めることになりました。

寂しいですね。

うちで大きく羽ばたいてくれると、すごく期待してただけに寂しい、悲しい。

話を聞くと

彼女には彼女の夢があるので、仕方ない。

人生、思い通りにはいかないよ。

「会うは別れの始めなり。」

ご縁がなかったと割り切って、彼女の幸せを祈ろう。

また、「出せば入る」と言う言葉があります。

出て行く人がいれば、また新しい人が入ってくる。新しい風を運んでくれる。

そう信じて・・・

どんなことがあっても平常心で淡々と・・・

穏やかで和やかな日々を目指して・・・

今日もすごしていきたい。(笑)

| 副院長のブログ | ↑おにむら歯科 ページトップへ| 編集

 

バー様の決めた3か条

今度、初めての方とゴルフをすることになりました。

本当は友達夫婦と一緒に回る予定だったのですが、友達が仕事が入ってしまい、女性?らしきものはバー様だけになってしまいました。

後はジー様と、友達のご主人と、その初めての方。(男性)

男性陣に囲まれてうれしくないですか?

全然うれしくな〜い!!(困)

若くてぴちぴちだったらうれしいかも。老婆は足手まといになるからね。

いや〜〜〜、まじ、老婆が初めての方と一緒に回るのは気が重い。

だって、超へたくそで、みんなに迷惑かけると思うと・・・ねぇ・・・・・・

でバー様と初めてラウンドする方が守るべき3か条を作りました。

.弌射佑硫室蠅気鮠个辰討呂い韻覆ぁ

△修鵑淵弌射佑鯲れんではいけない。(同情するより金をくれ!(笑))

最後は「待つわ!!」の精神を持つ!(バー様があちこちボールを探すのに時間がかかるし、何回も打ちまくるので、自分の番が来るのが遅くなる)

こんなの決めたらますます誘ってくれる人が少なくなるわ。ハハハ・・・

そんなことを考えながら、昨日もジー様と二人っきりでラウンドしたのでした。(暇〜)

でも、こうして元気になってきたのが何よりうれしい。(涙)

一時期はもうこのままかとあきらめたこともあったけど、おかげさまで元気になったバイ。

自分には、まだ、すべきお役目があるのかもです。

と、感謝しながら、今日も元気に働きます!

 

 

 

 

 

| 副院長のブログ | ↑おにむら歯科 ページトップへ| 編集

 

亡き義母の言葉

亡き義母が、いつも言っていました。

「何でも善き方にとりなさい。」

義母はお寺の生まれだったので、仏さまを信じ、物事を俯瞰してみることのできる懐の深い人でした。

人間関係で、トラブルがおきた時、相手の人の非を、短所をあげつらえてしまうことがある。

でも、自分を振り返ってごらん。自分だって完璧じゃない。たくさんの欠点がある。

人のことを悪く言えるどころじゃない。

そんな時思い出すのが、

「人を責めず問題を攻めよ」という言葉。

心理学の加藤浩一先生から教えてもらいました。

考えてもごらん、人の悪いところをあげつらう時、自分の心うれしがってるかな?

そんな時は上から目線になってる。傲慢!!

善き方に解釈する。

それを心がけていこうじゃありませんか。

 

次。

不動明王について。

「背には大迦る焔(だいかるえん)を現じ、表には憤怒の相を示す。」

背中には大きな炎を抱えておられ、お顔は怒っているようすである。

これは人の煩悩を断ち切らんとするお姿なんだそうです

 

即ち、背に火を見ても動ずることなかれ!と、人の心に訴える姿。

 

逃げれば追いかける。

逃げられない業界ならば、慌てず、信念をもって立ち向かえ。

ならばいつかは背の炎も消え去り、己の立場を良くするであろう。

 

そうですよね。

何事も不動心で対処できるようになりたい。が、現実はなかなか・・・

バー様など今までの人生。何かあるたび大騒ぎ!七転八倒!

恥ずかしくなります。

それでも少しずつ前進あるのみ。ですね!

 

何か起こったら、初めは慌てふためいても、最後は、起こるべくして起こったことと、割り切り、

信念をもってど〜〜〜んとかまえる!!

そうありたいと思います。

 

そうそう、あと、義母は「いつもニコニコ、そして笑いのある生活をね!」

って言ってましたね。

 

これもとても大切な事ともいます。

面白いことがなくても、その中から笑いをさがしていく。

こりゃ、面白いことをたくさん仕込んでおかなくちゃねを!

| 副院長のブログ | ↑おにむら歯科 ページトップへ| 編集

 

悩み事あり

うーむ、悩み事あり。

まだ書けません。

日記のブログなのに、外に向かって発信しているから、書けないというつらさがある。

それでも結構アケスケに書いているけど。(笑)

 

ピンチはチャンスという言葉あり。

どうにもならないと思えることが、大きな目で見ると、よき方に動き出すきっかけになることがある。

そうよ、今度のことも、それよそれ。

 

野口嘉則さんは言う。

すべては良き方に動いている。ってね。

起こることすべてよし!という言葉もある。

 

大騒ぎせず、静かに何かが変わりだすのを待つ。

考え方ひとつ。

天から、

どんな対処をするのか、どんな考えを持つのか、試されているのかもしれない。

 

人生思い通りにはいかないものね。

ほら、昨日書いたゴルフと一緒。

なるようになる。

これくらいのことで、死にゃあせん!!!(笑)

 

低調になる自分を励まし励まし、今日も前向きに!

私頑張る、私負けない!!(笑)

 

 

 

 

| 副院長のブログ | ↑おにむら歯科 ページトップへ| 編集

 

いろいろです。

中学校の時の同級生が亡くなったと知らせを受けました。

卒業後、交流はなかったけど、中学当時は若くて脳が活発に働いていたので、しっかり記憶に残っていました。

そうですか・・・

あなたのこの世でのお仕事は終わったのですね。

心からお疲れさまでした。

この世からの卒業ですね。

寂しいですね。

 

思えば、同級生は、もう数人亡くなっている。

仲のいい友達も。全くそんな兆候なく、あっという間に亡くなってしまった。

寿命ばかりは誰もわからない。

亡くなった方は特別!なのではない。

そういうバー様も、みんなも必ずいつかそちらの仲間になるんだから。

そして今でも思う。

何のために生きているのか?

例えばバー様など、何も大きな仕事はできなかった。

ただ、生きるために生きてきた。子供を産み育て、仕事をして・・・

これでいいんだろうか?

 

なんていらんことを考えても時間の無駄!

ただいまを生きる。楽しくしっかり生きる。

 

昨日は半ドンでジー様と星空ゴルフに。(ハーフです)

久しぶり〜!

はい。いつものようにスコアは低調。でも全然平気。

ゴルフって人生の縮小版。

全然思うようにいかない。

一打目が理想的に飛んで喜んでいると、2打目は林の中。

やっと探しあて、3打目。脱出を試みるも木に当たってより深く林の中に・・・

なんちゃって、どんどん難しくなっていくではないか!!

ギブアップして、ペナルティを課して、仕切り直し。

で、最後はなんとかホールにたどり着く・・・ではないですか!

池に、林に、溝に、バンカーに・・・

ああ、嘆かなくていいの。

それが面白いの。

そのホールアウトするまでの過程を楽しむ。

な〜んて、思えたらいいな。(笑)

 

とにかくこうしてゴルフラウンドできることに感謝。

去年の今頃は喘息が苦しくて、息も絶え絶えに仕事して後は臥せっている毎日だったからね。

泥沼にはまっていてなかなか脱出できないでいたのに。

5月の宮崎国際音楽祭も、咳止めのきついのを飲んで(眠たくなるやつで少しボ〜っとして)、吸入して、バスタオルを持参し(咳が出たとき、少しでも消音になればという思い)、咳がひどくなったら退席しようと覚悟して行ったな。

 

それが、今はこうしてラウンドできる。

ありがたいですね〜。(感無量)ホント。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日も感謝して仕事したいです。

 

 

 

 

 

 

 

| 副院長のブログ | ↑おにむら歯科 ページトップへ| 編集

 

千里の道も一歩から

久々のヨガ。(夜の部)

3か月ぶりだわ〜。

行ってみるとなんとバー様を入れて生徒さんは4人のみ。寒かったからね。

先生を入れて5人で、広い部屋を、ゆったりすぎで使えました。

でも、まあ、覚悟はしていたけど、体が硬くなっていて、あちこち痛い。

「いてて!」ギシッ、ガシッ、ガクッ、体がきしみます(汗)

まるでロボット体操じゃぁ〜!

背中の後ろで手を組んで・・・なんて、背中に手を回すだけで肩が痛いわ(涙)

しかし・・・

前の女性は、とっても体が柔らかく、動きがスムーズ。

でも、どう見ても年上。

ああ、いいな〜。

この方は心も体もやわらかいのね。

そうです。

若くて美しい先生が言われました。

「心と体は連動している。体の柔らかい人は心もやわらかいのです。」

ひえ〜〜〜〜っ、このバー様、心が硬い!頑固者。

でも、ほんと、その通り。

かなりの強情者だもんね。

このヨガ教室。

バー様が一番体が硬くて、動きがぎこちない。

でも、それでもやってみようと挑戦すること。続けること。が大事なんじゃないか。

バー様は超不器用。ほら、ゴルフだって、人の10倍、なかなかうまくならなかった。

かといって今うまいわけではない。初心者レベル。だけどラウンドできる程度にはなった。

「あんたには根性がある!!こんな下手なら、普通の人ならとっくにやめている。」とジー様が言った。

これって誉め言葉かな???ははは・・・

 

小さいころから、体育だって、楽器だって、発表だって、・・・不器用で恥ずかしい悲しい思い出満載。

そして今がある。

自分ができている。

悲しみが背中の殻にぎっしり詰まったがカタツムリと一緒。

なんてことを思いながら、

短い手足を伸ばすだけ伸ばしながら、曲がらない体を精いっぱい曲げながら、そらしながら、

約2時間。

ボキボキしたのでした。

ああ、これから少しでも体も心もやわらかい人になりたい・・・

千里の道も一歩から。自分の一歩は小さくて、人の何分の一なんだろうか?

たとえ頂上にたどり着けなくとも、その道中を楽しんでいこう。

そう決心した夜でした。(笑)

 

 

 

| 副院長のブログ | ↑おにむら歯科 ページトップへ| 編集

 

お料理下手ですが、何か?

今、衛生士さんが一人、産休のため、人手不足です。技工士さんもやめて、新しい人が来る3月いっぱいはいません。

パート(午前のみ)の人が、午後も交代で手伝ってくれ、何とかこなしています。

そんな風ですから、優雅にゆったり仕事して・・・というわけにはいきません。

はい。フルタイム、昼休み以外、ずっと働いています。

友達はもう歯科医院を閉じたり、歯科医自体を引退したり、余裕のある仕事形態にしたり。

仕事は違えど、同級生の私の親友だって昼から出勤。だもんね。

じゃあ、私って年の割によく働く方じゃないか?

だから、仕事が終わったら、ちょっと横にならせて。

一休みしてから、晩御飯の準備。

ええ、お惣菜を駆使しています。

ちゃんとお料理はできましぇん。

女性のとっても大切なたしなみ、お料理。

それが不得意な私を責めないで。

 

若い時からお料理ではすごい劣等感を持ったまま、現在に至る。

だけど、子供たちは大きくなったじゃん。

男の子二人はお料理上手な奥さんをもらったし、

「お母さんの料理がまずかったから、他の人の作るものは何でもおいしく食べられる!」なんて言うではありませんか!!

奥さんが作ったものをなんでもおいしく食べられることに、私が貢献したとしたら・・・それは徳積にならないか?

娘は小さい時から小食で痩せひぼけていたけど(笑)、ちゃんと結婚して、子供も二人できたじゃない。

だから、許して。

 

人生で、いろんなことに固執してはいけない。

料理が下手である劣等感も手放そう!

いいのよ、これで(笑)

 

と、お惣菜を買ったり、生協の冷凍食品や、半分調理してありあとは温めるだけ、の食品を使うことに、うしろめたさが少しずつ薄れていっている。

それでいいのか?それでいいのよ。

 

小さなことだけど、ずっと引きずっていた劣等感。

そろそろ手放すときじゃないか?

「お料理下手ですが、何か?」

な〜んて、自分に甘く人に厳しく(笑)納得するのでした。

 

 

 

 

| 副院長のブログ | ↑おにむら歯科 ページトップへ| 編集

 

歯科医冥利です。

ある日のお昼中、壊れてバラバラになった義歯を持って見えた患者さん。

これを治してくれと言われる。

何でも法事が県外であり、今日中にそれもこの時間内(1時間くらい)でなんとかならないかという。

午後はもう県外だという。

義歯だけでない。

歯周病で歯もボロボロ。伸びきって、反対側の歯茎の歯茎に食い込む。義歯を入れるスペースがない。

「できまシェ〜ん!そんな言われても困ります。仕方ないので今できることを精一杯します。」

んもう、こんなになってから見えても・・・できることは限られてるよ。

前から、こんな風にならない前に来てくださいって何度も言ったじゃん。

仕方ない、やれるところまでやろう。

で、バラバラの義歯をつなぎ、その場でバネを自分で曲げて手作りし、伸びきってゆらゆらの歯を抜いて、あちこち歯を削って・・・

目にもとまらぬ超特急で・・・・・・

なんとか見かけだけは整えたのでした。

終わって、思いました。

またぐちゃぐちゃになるまで見えないんだろうな・・・(悲)

・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

で、最近。

おや?また見えましたね!?

法事が終わったそうです。続きを!と言われる。

「すべきことは山積み!

ちょっとやそっとでは終わりませんよぉ!」

「歯磨きもちゃんとしないといいのはできません。

それなりの覚悟をしてくださいよ!それでもいいですか?」

で、結局、なんとか早く咬めるように計画をたてて、

またまた超特急で治療の続きをしました。

 

その次の回。あら?歯磨きが上手になってる。(嬉)

また、怒濤の治療が始まります。

その日の終わりに言いました。

「何か質問はありませんか?もう、夢中で治療してるので説明が不足して、何されるかわかりませんよ!(笑)

と言うと、

その方はぽつんと言いました。

「先生を信頼しちょるもん。」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

はい。心に響きました。

うれしかったです。ありがたかったです。

信頼されて治療できることは歯科医冥利に尽きます。

下手くそだけど、できる範囲で精一杯診療します。はい。失敗もします。うまくいかないこともたくさんあります。

それをひっくるめて信頼してくださる方の治療はとてもやりやすいです。ありがたいです。

反対に疑心暗鬼で不信感をもちながら見える方はとても難しいです。

バー様はどんな患者さんでもOKと言うような人格者ではないのです。

そんなときは二人の男性歯科医師にお任せ。うれしい!頼もしい〜!!

 

いつも思います。お互いに信頼できてこそ、良い治療ができるんだな〜。

これは人としての相性の問題でもある。

 

自分も信頼されるような人格者に・・・というのはもう遅い!!できません!!(笑)

バー様に任せてくださる方に、できることを淡々と、できる範囲で!!精一杯やる。

このスタンスで、続けていきたいと思っています。

 

あのバーさん歯科医、ちょっと何だかな〜と思う方は、遠慮なく、受付で男性歯科医がいいです!っていってくださいね。

と、わがままいっぱいですが、書かせていただきました。

 

 

 

| 副院長のブログ | ↑おにむら歯科 ページトップへ| 編集

 

最後は夫婦かな?

先日の孫(娘のところの女の子、もうすぐ3歳)とのテレビ電話(ラインのフェイスタイム?)。

 

ジー様:「□□君が泣いているね!?」

孫:「□□君、おじいちゃんが嫌いって言ってるよ!ねえ、ママ?」

ジー様:「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

孫:「この前も、車の中で、おじいちゃんが嫌いって言ってたよ!」

 

もう、あんなこと言うんだから!!

半年前まではおじいちゃん大好きで、バー様がテレビ電話に出ると、

「おばあちゃん、いや〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜っ!!!!」

「おじいちゃん、おじいちゃん!!!」と大泣きしてたくせに。

 

娘は里帰り出産だったから、初孫の女の子をジー様はそれはそれはかわいがり、

目に入れても痛くないって、このことなんだな・・・と、バー様はあきれてみていたものでした。

それは「人生で初めて芯から人を愛した!」ってな感じ。(笑)

 

それが、二人目の里帰り出産。

ジー様は愛する孫を、一日千秋に思いで待っていたのですが・・・・・・

孫はなぜかバー様になつき、おばあちゃん大好きっ子になってしまったのでした。

そして、反比例して!?おじいちゃん嫌いになりました。なぜ?孫の心と秋の空?

ジジババが、孫を大好きなイオンに連れて行こうとすると、

孫:「おじいちゃん、行きたくないよね!ね?行きたくないよね!! おばあちゃ〜ん。おじいちゃんイオンに行きたくないって!!」

と、ジー様が返事もしないのに、勝手に行かないように話を持って行く。

ジー様は恋人に振られたように、しょぼんとしている。(笑)

もう、気の毒で見ていられない。

孫は最後までおじいちゃん嫌い!を貫き通し、この家から引き上げていったのでした。

 

そして、さっきのテレビ電話。

またまた、つれなくされて、ジー様はショック。

電話が終わって言いました。

「もう、旅行には連れて行かん!!しばらくは距離を置こう。」

ははは・・・

そうね、恋愛がうまくいかないときはしばらくは距離を置くのもいいよね。

 

バー様は思うのです。

自分達だって、祖父母を思い出すことは滅多にない。

全然嫌いじゃない。大好きですよ。

でも、そんなもんじゃないかな?

うちの孫達も、おんなじ。

成長してから、時々思い出してくれれば恩の字。

私らは孫達の人生の脇役。それも通行人Aぐらいのもの。(笑)

 

そしてジー様に言いました。

「最後はやっぱり夫婦だよ。

弥次喜多道中で、老後の人生、助け合い、励まし合い、慰め合って仲良くいきていこうじゃないか!!」

| 副院長のブログ | ↑おにむら歯科 ページトップへ| 編集

 

一病息災

明日が女性歯科医師会の集まりだけど、元気で行けそう。

それだけでありがたい。

日曜日に知り合いの人が言っていたけど、「身体に痛みがないだけでもありがたいよね!」

そうよね〜。

日常に追われていると、ついつい忘れがち。

そんな言葉を、忘れた頃に耳にするって、神様が教えてくれたんだろうな!

元気が一番。

毎日、リズムある生活を心がけ、生活習慣病に気をつけて。

仕事は忙しくても、来てくださる患者さんに感謝して。

家族はじめ、スタッフ、患者さん、友達、みんなと仲良く。

毎日が一期一会の気持ちで。

去年とは見違えるように元気、気力がよみがえってきた感じ。(ちょっとオーバーかな?)

去年の体調不良は何だったんだろう?病院にも通って、先生に言われたとおりにお薬も飲んで・・・でも、なかなか良くならなくて・・・(で、病院を変えて劇的に好転)

訳がわからなくてきつかったな・・・訳がわからないって結構きついもんですね。

なぜ?と言う気もするけど、これも経験するべくしてのことだろうと思う。

この経験、きっと何かの役に立つ。

まずは、「何気ない日常でも普通に元気であること」を心からありがたく思える。

と言っても完璧じゃなくてもいいじゃない。あちこちちょっと不調があってもたいしたことないわ〜。

年齢を重ねて、どっこも悪くない!っていう人は滅多にいないはず。

一病息災。

病気と折り合いをつけながら、病にとらわれずに前を向いて生きる。

なんちゃって、いいことばっかり言ってるけど、

実はこのバー様。体調が悪くなると、真っ先に落ち込む、困ったちゃんでもあります。(笑)

ま、体験したどれもこれもなんか意味がある。

ということで、今日も頑張る。

 

| 副院長のブログ | ↑おにむら歯科 ページトップへ| 編集

 

暇〜(笑)

娘一家が帰っていってから、みなさんが「さびしいでしょう!?」と言ってくださるけど、そうでもないです。笑

2ヶ月半ぶりのゆったりとした生活。

本を読んだりゴロゴロしたり。映画を見たり。ショッピングしたり。ゴルフのレッスンも再開しました。

それでも時間が余る。

急に、時間ができて持て余し気味でもあります。

あ〜、暇〜・・・なんか元気がないな〜。

ほら、戦時中はうつ病になる人はいなかった。と言う話がありますが、生きるのに精一杯の時にはいらんことを考える余裕がないと言うこと。

基本的生活が保障されて、時間的にも余裕があるときに、人は贅沢にもグズグズ考えてしまうわけです。

これかも。

佐藤愛子さんは言いました。

「この世には修行するために生まれてきていると考えるようになりました。すると、苦しいこと、泣きたいようなことがあっても、これは修行だと思うと耐えられる。」

ほう、私もある意味その意見に賛同します。

最近はいろんな事が起こっても、

「これは神様の言うとおり。」

と考えたり、

また、野口嘉則さんの言葉で、

「全てうまくいっている。」

「最後はこれでいいのだ。あれてよかったのだ。」

と思ったり。

と、なると、何が起きてもど〜んとこい!

・・・・・・・・・・・・・・

とはなかなかならないけど(笑)

ま、もしかしたらそうかも・・・

と思えるようになってきたのは年の功?

と、毎日自分を励まし励まし、生きているのでした。

 

| 副院長のブログ | ↑おにむら歯科 ページトップへ| 編集

 

結果オーライ!

二つの人生の2大イベントをやり終えた今。

やりきったという充実感にひたってる。

また、以前のペースの生活が戻ってきました。

お昼ご飯は3人、晩ご飯は夫婦二人となりました。

食事のことばかり書いているけど、私にとっては料理は苦手分野。

娘家族が来ていたときは、昼は4〜6人。晩ご飯は4〜5(〜9人)用意してた。

頭の中は献立や食材の買い出しのことでいっぱい!青息吐息。

 

ところが、私の同級生。

毎日、息子さん夫婦(次男さんが歯科医、奥さんは衛生士さん)と一緒に仕事して、彼らのご飯も毎晩、作っているげな!!!!

そして、「どうせ作るなら、二度と同じものは作らない!カレーは除くけど」と、豪語している!!!!

料理が全然苦にならない、どころか、大好きなんだそうです。

ひぇ〜〜〜〜〜〜っ、すごい!こちとら、フルタイムで、歯科をするだけで疲労困憊なのに・・・

彼女は私に歯科の勉強は教えてくれたし(若い頃)、ゴルフをさせればすごく上手だし、お料理は「玄人はだし」だし、趣味はちゃんとあるし・・・(自分は趣味と言われても・・・てな感じ)

とても器用で、人生を余裕で楽しんで生きている。

すばらしい!

 

私は不器用で、何をやらせてもやっとかっとだけど・・・ま、そんな人間もいていいよね。

 

といいながら、2ヶ月半はホフク前進のごとくではあったけど、私もやることはやったんだよね!?

おまけに孫たちの面倒見ながらだったし。時々婿どんのことも。よくやったよぉ!

しかし、喜んで食事の準備・・・は、できなかったな〜。仕事の合間に仕込んだり、買い物行ったり、

仕事が押して時間がないときは、心臓バクバク、冷や汗タラタラ。だって、お腹すかした孫が待ってるんだもの。(汗)

ま、結果オーライ!!これでよし!っと。

 

これからも、

何が本当に大切なのか?何が真実なのか?

自然の摂理が少しでも見える?ような生き方をしたい。(ってどうすれば?・・・)

 

とりあえず、目の前のことをひとつひとつこなしていこうじゃないですか。(笑)

 

 

| 副院長のブログ | ↑おにむら歯科 ページトップへ| 編集

 

乗り越えられたね!

娘が使っていた部屋の大掃除。

娘様仕様になっていたけど、我が家仕様に、元に戻します。

娘は思いっきり自分の使い勝手のいいように、部屋を変えていましたから、

元に戻すのは大変。

このバー様が、箪笥やソファーを動かします。

うううう・・・どっこいしょ!!

あれ?忘れ物。

まとめて荷造りもします。

掃除ついでに断捨離も。

思い返せば、何か家族の出入りがあるとき、大掃除をしてきたな。

子供たちが大学進学のため家を出るとき。

母が入院するとき。亡くなったときも。

大掃除をすることで、環境だけでなく、心の区切りをつけてきたのだと思う。

・・・・・・・・・・・・・・・

私にとって、人生の重きをなす二大イベント。

長男家族の宮崎への引っ越し。娘の子連れ里帰り出産。

去年の今頃は体調不良で、ホフク前進でやっと仕事はするけれど、後はずっと伏せっていた。

春になって娘の妊娠がわかったとき、子連れの里帰り出産に向けて、なんとか体調を整えなくてはと、焦って病院に通ったり、漢方薬を買い求めたりもした。

不安でいっぱい。なかなか好転せず、押せって落ち込んだりもしたな。

しかし、息子の引越しの2ヶ月前、薬が変わったことがきっかけで劇的に好転し、なんとかここまでたどり着いたという感じ。

息子家族の引越しも、自分なりに心込めて精一杯手伝えたし、娘家族のお世話も、誠心誠意、滅私奉公。やり遂げた。

娘家族が帰っていってから、疲れて寝込むのでは?と心配していたけど、それも大丈夫!自分でもびっくりです。

ホント、よく乗り越えられたと思う。

自分で自分を褒める。

神様に感謝です。

 

前夜、仲人さんのお嬢さんが、先生の近況と、お写真をメールしてくださる。

メールとお写真を拝見した途端・・・なぜか涙が出るでる・・・夜中に号泣でした。

人格者でいらっしゃるから、とってもいいお顔でお年を召されている。ああ、素晴らしいです。

最愛の奥様が亡くなられてお寂しいこととお察しします。

でも、立派な子供さんやお孫さん方に囲まれて・・・お幸せですね。

沢山お世話になりながら、何のお返しもできていない。そんな私をお許しください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

なんか胸がいっぱいです。

今日はこれでおしまいです。

 

 

 

 

 

 

 

| 副院長のブログ | ↑おにむら歯科 ページトップへ| 編集

 

仲人さん

遙か昔。

私どもの仲人をしてくださったご夫妻の、奥様が亡くなられた・・・という知らせが来ました。

ご主人様が、亡き父と海軍兵学校の同期でしたが、高名なお医者様で、また、人格者でいらして、現役中は日本を代表するご活躍でした。

奥様は、そんなご主人様を支えて、おおらかで本当にご立派な奥様でした。

 

結婚前に何度かご自宅に伺いました。

奥様は庭で野菜を作っておられ、その時いただいたキュウリの美味しさに驚いたものです。

お手製のお料理を出してくださるのですが、お手伝いで、そこの私よりちょっと若くておきれいなお嬢さんと一緒に卵の殻をむきました。

外国製の素敵なティーカップ。話に夢中になってティーパックを引き上げるのを忘れてしまい、それはそれは濃い紅茶になりました。

奥様は、「最近少し指が曲がってきたの。」と、指をさすっておられました。

食堂の整理ダンスの引き出しには、すべて何が入っているのかわかるように、ラベルが貼ってあり、これはいい!と、心に残りました。もち、自分も結婚後まねをしました。

食事が終わると、ご夫妻は屋根裏部屋から結婚のプレゼントとして沢山の品々を下ろしてくださいました。

「どれでも好きなものを持って行きなさい!」

と、おっしゃってくださいました。

私ときたら、

「全部ください!」なんていっちゃって・・・

そして結局、全部くださいました。

もう、恥ずかしい私の黒歴史!!(恥)

子供でした〜。(汗)そこにいた母は「あらあら・・・」と言うだけで止めてもくれなかった!!!(怒)

母のバカバカ!私のもっとバカバカバカ!!!

恥ずかしいです。

でも、今となっては、何もかも懐かしい。

本当にお世話になりました。

心からご冥福を祈ります。

 

ご主人様はもう92歳。

娘さんの話によると、奥様が亡くなられて気落ちしておられるとのこと。

当時お元気そのもので、超人的なご活躍をされていた先生が弱っておられる・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

亡き父と重なり涙が出ました〜。

どうぞ、これからもお身体大切に、長生きされてください。

 

これが人生。

人生とは・・・

また改めて考えさせられることでした。

| 副院長のブログ | ↑おにむら歯科 ページトップへ| 編集

 

もう、孫の思い出?

お風呂に入るとおもちゃがいっぱい。

毎日、孫と長いこと、おふろで遊んだものだ。

身体や髪を洗うまで、遊んで付き合うわけです。

もう過去形。

いろいろなことが思い出されます。

 

寝る前は、PCで、まんが日本昔話を一話だけ見せる。

パパが周りをうろうろしているから、あんまり見せたくないんだな・・・

と思いつつ、ババの独断で見せる。

で、バー様はやまんばものが大好きなので、やまんばの話を見せると

最初は怖がっていたけれど、面白がって何度もせがむようになりました。

やまんばが一人で子供を産んで困っているところに、おばあさんが手伝いに行く・・・と言う話がありました。

その話が終わると、孫はこう言いました。

「あのやまんばには本当はお母さんがいるんだよ。そのお母さんはきれいな人なんだ。お母さんは・・・」

と、自分で話を作るではありませんか。

へ〜、やまんばにきれいなお母さんがいるとは知らなかった(笑)

 

甘いもの、両親は食べさせたくないけど、全く与えないってのも情操教育上、いかがなものか?

で、ババはこっそりちょっと食べさせる。

と、孫は、わざわざママの所に行って、

「これ、おばあちゃんが食べていいって!、今日は食べていいんだよ!」

と、報告に行くわけです。

「んもう!」と、娘ににらまれて、ババは苦笑いです。

 

亡き母からもらったお屠蘇セットの台座を・・・ゴルフボールを当てて壊してしまいました。

(どうしたら壊せるのか知りたいでしょうが、聞かないでください。)

孫に、「おばあちゃんが壊してしまったんだ!」というと、

「大丈夫、大丈夫、テープで貼ればすぐなおるよ!」

と、言ってくれるではありませんか!

この前まで赤ちゃんだったのに、慰めてくれるなんて・・・

 

そうかと思うと、もう赤ちゃん返りして、泣きわめいたり。

 

保育園には

「おばあちゃんがおんぶして!」と、きしむ身体で、おんぶで保育園まで連れていきました。米俵のように重く大変でした〜!

 

このババは孫相手に、

「○○ちゃん、おばあちゃんの言うこと聞かなかったら、お相撲さんにしちゃうからね!!」

と、脅したり、

孫相手に真剣にけんかしたり。

 

また、歯科にすごく興味を持って、毎日見学?に来ていました。朝礼にも両手をそろえて参加していました。

で、夜の歯磨きの時には、まずは、自分が歯医者さんになって、ババが患者さん。

マッサージ器を診療台に見立てて、背もたれを自動で倒します。

そして、エプロン(タオル)を掛けて歯の治療(歯磨き)が始まるのです。

「はい、開けてください。痛くないですか?」と、孫がいうのです。

治療?が終わると、背もたれを起こして、「お疲れ様。また来てください。」

ははは・・・

 

大変だった2ヶ月半。でも楽しい日々でした。

 

もう帰ってしまいましたが、執着を捨ててさっと手放す。

やるだけやったのでスッキリ!

孫も、小さいので、大きくなってから、この日々のこと、ましてやこのババのことは覚えていないでしょう。

 

祖母の存在なんてそんなもの。

しかし、地味なこの人生に、とても楽しい思い出が残りました。

満足しています。

 

 

 

 

 

 

| 副院長のブログ | ↑おにむら歯科 ページトップへ| 編集

 

お宮参り

お宮参りの日。

神社に行く前に写真屋さんに行きました。

おとなしい赤ん坊で、おっぱいを沢山飲ませ、ベビードレスを着せて、用意万端。

泣かずに写真館にたどり着きました。

が、いざ撮影!と言うときに眠たくなってぐずり出しました。

撮影する際、動かないように、椅子に赤ん坊をくくりつけ、その上に晴れ着(着物)をかぶせるのです。うわ〜、まるで拘束帯!

抱っこもしてもらえず、眠たくて泣き続ける赤ん坊。

カメラマンさんは、泣き止ませようと、ガラガラで激しくあやす。(うるさ〜い!)

今度は眠らないようにと、足をモミモミマッサージし続ける。(かわいそう、寝させてやればいいのに)

見てて切なくなり、娘が「もういいですよ!」と言うのですが、

そこはプロのカメラマン。プライドをかけて納得いくまで・・・許してくれない。

で、結局、泣く前の試し撮りを採用!(ははは・・・)

次は全員で。なんとかこなす。

さ、今度は親子4人で。

その時、お姉ちゃんの方が(もうすぐ3歳)ぐずりだし、大泣き。

両親、ジジババ、カメラマン、助手の方、皆でなだめすかすけど、部屋の隅で横になったまま。

無理矢理連れてくると、足がグニャ〜・・・立たない。

なんとか立たせると、今度は死んだふり。

もう、カメラマンさんや助手の方、両親、ジジババの阿鼻叫喚!?

あまりの惨状に、ジー様はもう涙を流して大笑いする始末。

「ちゃんとしたら、終わってからあんぱんまんミュージアムに連れて行くよ!」

娘の最後の切り札に、孫はなんとか目を開け、グニャグニャしながらもOK.

次は赤ちゃんと、孫娘。

今度はどうしたのか、乗り気になって、優しいお姉ちゃんぶりで赤ん坊をよしよし。スムーズに撮影を終わったのでした。

ふ〜〜〜〜〜〜〜〜〜っ!!!!!!

 

そして神社にお宮参り。

5メートルほどの大きな節分用の鬼が飾ってありました。

孫が怖がる怖がる。

おばあちゃんが、なんてこと無いよ、ほら!

と、手でたたいてみせると、孫は、

「全然、怖くないよ!パパも見てごらん!」と、すっかりご機嫌になりました。

厳かにお祓いは終わり・・・

みな、這々の体で家に帰り着いたのでした。

娘と孫たちは自分たちのお部屋に直行!でお昼寝。

ジジババはこたつに潜り込み横になる。

すると、婿どんもこたつに潜り込み、3人でお昼寝したのでした。

無防備(笑)に、婿どんはスースー寝息を立てている。舅姑に気を遣わなくてすんでいるのね。フフフ・・・

その時思いました。

この構図って、ちょっといいんじゃない?

これも一つの幸せ。

ありがたいよね。

ジ〜ン・・・・

ということで、忘れられないお宮参りの一日でした。はい。

| 副院長のブログ | ↑おにむら歯科 ページトップへ| 編集

 

台風一過

はじめがあれば終わりがある。

とうとう、娘一家は帰っていきました。

空港まで送っていき、婿どんと、娘と、孫と、赤ん坊と、それぞれ握手をして、

「頑張ってね!」と、別れました。

搭乗口に一家が消えると、すぐにきびすを返してその場から離れました。

後ろは一切振り向きません。

気持ちの切り替えが肝心!

涙?出ませんでしたよ。

我が家に帰り着くと、今度は娘たちがすぐにでも必要な品々、ダンボール4箱を宮崎中央郵便局に運びます。

だって、明日集荷にきてもらっても、バー様たちは一日留守なのです。

じゃあ、今日、自分で郵便局まで持って行かなくちゃ。

重いダンボールを、このか弱いバー様一人で、ヨタヨタとかかえ、車に乗せました。4個よ!!

ジー様?留守です。

それが終わって、家に帰り着きますと、もう動けない!しばらくこたつに潜り込んでいました。

・・・・・・・・・・・・・

目が覚めると、体が動かない。

でも、どうしても起き上がらなくちゃ!!

ジー様が、お疲れ様会をしよう!と、シェラトンに宿泊する予定なのです。ほら、一泊5食付きのキャンペーンをしてるでしょう?

あれです。

重い体を引きずって、やっとホテルに着きました。

ジー様とは現地集合です。

温泉に入り、おいしい食事に舌鼓を打ちました。

だって、この2ヶ月半。

バー様はどこで何を食べたのか?

皆に給仕をしながら、台所で立ったまま食べたり、人数が多いときは、皆に食材が廻っているか?足りなそうだったら、自分は食べないとか、孫に食べさせていると自分は食べるのを忘れていたりとか、

自分の番が廻ってきても何を食べているのかわからない。

とまあ、2ヶ月半、なんと貧弱な食生活だったことでしょう。

皆が起きてこない朝が一番のごちそう!

その割にはやせなかった(笑)

はい、で、ホテルで食事の後は、カクテルラウンジか、温泉の松泉宮の近くのTHE LIVING GARDEN内の「KUROBAR]で、カクテルがもらえるのですが、こちとら、下戸ですけん、夫婦してホットレモネード笑

宿泊者専用のこんな所もあったなんて知らなかった。

部屋に帰ると歯磨きしながら眠ってしまっていました〜。

死ぬほど眠って、さて、次の日はゴルフ!!!

疲れをとる方が先。とも思いましたが心機一転!それには緑の中のゴルフがいいかも。

長くゴルフして無くても正規分布の中に入るスコア。

お昼は、一泊5食の中の『風待ちテラス』にて、ピタパンとマカロンを食べにホテルに帰る。

そしてまた午後ラウンド!

楽しかったです。元気が出ました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

何度も言いますがホント、よくやった!

自分の人生の中の大きなイベントの一つ。娘の子連れ里帰り出産。

誠心誠意、滅私奉公、させていただきました。

体も良く持った。事前に体調を必死で整え、ここまで頑張れた!

風邪引いても引かなかった(ことにして頑張った)

思い残すこと無し。後悔も無し。さわやか。感動。

でもね、今日から、娘一家主体バージョンの、あと片付けをしないとね。

あちこちに忘れ物が・・・

家具が違うところに動かされてるし・・・

あ、娘からメール。

え?あれこれさがして送ってくれって?

病院の手続きにも言ってくれって?

はいはい、わかりましたよ。

もう少し台風一過の後始末は続きそうです。

頑張ります。

| 副院長のブログ | ↑おにむら歯科 ページトップへ| 編集

 

有終の美

今日、婿どんが娘親をお迎えに帰ってきます。

そして今日はお宮参り。

昨夜のことです。

うちの長男、次男が七五三で着た晴れ着をタンスから出してっと・・・

あら〜、きれいにしてる。懐かしいな〜!!!

これを着た長男、次男は、かわいかったな。

それを、今度は孫が着るのね。

2歳の孫(お姉ちゃん)が、タンスに掛けた着物をみて、自分もお着物着たい!と言い出しました。

あるあるある・・・

バー様はタンスからもう一枚の女の子の振り袖を出してきました。

それは・・・バー様が3歳の時着たお振り袖。

少々色があせてくすんではいるけど・・・と、孫に着せてみるとサイズがぴったり。

孫はまんざらでもなさそう。

んなら、子供用の着物セットを出してあげるわね。

帯に草履にバッグに鈴のついた髪飾り・・・これは、長女(孫にとってはママ)のためにそろえたもの。

色とりどりの絢爛豪華(に見える)な品々。

孫はもう、すっかり夢中。

それらをつけて、お姫様になりきって、踊りまくる。

そして、「おカバン、重い〜!」

ははは・・・帯のことを、『おカバン』ですって!!笑

「おばあちゃんも、浴衣(着物のこと)きて!。おカバンもして!頭にお飾りつけてっ!!」

おばあちゃんは渋々自分の着物や帯を出して見せます。

「おばあちゃん、一緒に踊って!!らっせーらー、らっせーらー!・・・・・・・・・○○ちゃん、ねぶた祭に行きたい!!」

孫は、子供用テレビ番組で、子供たちがねぶた祭に挑戦する・・・というのを、いたく気に入り、毎日練習をしているのです。

昨日は着物まで着たのでますますその気になっています。

バー様は、孫に言われたとおりに踊ると、ジー様が、人が見たら『気が触れた人がいる!』って救急車呼ばれるぞ!」(怒)

・・・・・・・・・・・・・・・・・

こんな調子で孫に振り回されてきました。と、過去形ですね。

また、保育園も昨日でおしまい。

皆さんにお別れして来ました。保育園のおかげでどれだけ助かったことか。

ありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そうそう、娘が言っていました。

一昨日の夜。お布団の中で、「○○ちゃん、帰りたくない。ここにいたい。」と、しくしく泣いていたそうです。

まあ、かわいいこと言ってくれるじゃないですか。

そんなこと言ったって、子供なんて、あちらに帰ったら、こちらのことなんかすぐに忘れるのが当たり前。

 

今朝の朝礼で、孫も参加して、スタッフの皆さんに

「ありがとうございました!」っていってくれました。有終の美!

 

あれこれ言いながら、明日はお別れです。(涙)

 

 

| 副院長のブログ | ↑おにむら歯科 ページトップへ| 編集

 

ほぼ、やった〜!

あと数日で帰る娘家族。

今、上の子が赤ちゃん返り?をして、手がかかることはなはだし。

婿どんは育メン!

だけど、出張の多い婿どんだから、娘はワンオペの子育てが大変だろうと、いらぬ心配をする。

でも、私らだって、3人の子供を、働きながら育ててきたじゃないか!

とはいえ、私の亡き両親が、どれだけ助けてくれたか!!

娘も近くにいたら、助けてやれるのに・・・

仕方ない。

それが娘の人生。

近くに親戚がいない、自分たちだけで子育てする。そんな方も沢山いらっしゃることだろう。

だからできないことはないよ。

がんばれ!

 

振り返ってみると、11月の頭から今日まで、自分のことは全てを後回しにして、娘家族のためによく働いた。

自分で自分を褒めてあげたい!!

髪振り乱し、まだら化粧、着た切り雀、まさしく滅私奉公。

外向きのイベントはすべてお断り。

ゴルフのレッスンも、ヨガも、映画も、読書も、友達とのお食事会もなし!!まだ年賀状にも目を通していません。ごめんなさい。

三度三度の食事をどうするか?特に婿どんが来ている間は、ジジババ、娘夫婦、孫、それぞれ好みも違うし、栄養バランスにも気をつけなくちゃ・・・って何を食べさせたらいいのか、もう、それだけで頭がいっぱいいっぱい。

でもね、自分で好きでしているんだから仕方ない。(笑)

漢方薬を駆使して!?風邪をひいてもひいていないつもりで。

娘に叱られながら、孫に振り回されながら?やるだけやって後悔なし!

とにかくやり通せそう。

ホッとしつつある。

これから襲い来るかもしれない寂しさを感じる間がないように、片付けまくろうじゃないか。

片付けながら気持ちも整理していこう。

自分のペースを取り戻そうじゃないか。

 

光陰矢のごとし。

2ヶ月半なんて、あっという間だったな。

こうして人生も終わるんだろうな。

やるだけやったら、それでOK。

それぞれの生き方があるから

自分は何事もほどほどでいいし、てげてげでいい。

人は人。自分は自分。これで良し!っと!

 

と、頭に浮かんだことを支離滅裂、脈絡無く書き綴ったのでした。

今日はおしまい!

 

 

 

 

| 副院長のブログ | ↑おにむら歯科 ページトップへ| 編集

 

あと少し

今年のみやざき中央新聞。

社名変更で、日本講演新聞になっていました!

ところで、どらどら、うちの広告は?

毎年恒例になっている、お正月版のおにむら歯科の広告掲載。

えっ?ないない・・・

広告のお願いに見えたとき、「今年も、お願いします」と言ったはず。

ああ、どうしたんだろう。楽しみにしてたんだけど。

で、尋ねてみると、新聞社の手続きミス。

ま、仕方ないです。何でも。次回の新聞に載るらしいです。

人生、思うようにはいかないから、こんなこと、なんてことはない。(笑)

 

ところで、娘家族もそろそろ帰る準備を始めました。

帰省してから、バー様と孫(上の子)は大恋愛のごとき蜜月を過ごしてきました。(笑)

時々行く、保育園以外は四六時中、べったり!

それが、最近、少しずつ、ママ(娘)の方に、心変わりが見えはじめています。

ずっとバー様と一緒に寝ていたのに、「ママと寝る」

お風呂も「ママと入る」

等々・・・

そう、これでよし。

今まで共依存の関係だったけど、お互い(バー様と孫)本来の、自分の道を生きていかなくちゃね。

こんな日が来るとわかっていたので、心の準備はOK.寂しがらない。

この子は娘夫婦の子。

婿どんの家の子供。

この前生まれた赤ん坊も婿どんの家の子供。

そういつも自分に言い聞かせてきたからね。

子育てにしろ、娘夫婦が自分たちで考えて好きなように育てるといい。

子育て経験者として、口出ししたいことは沢山あるけれど、最低限だけ言わせてもらっています。

でも、ホント、ついつい、あれこれ言いたくなる。

子育て、まだまだ新米の娘夫婦。

私たちも若い頃、未熟な親だった。同じ道。

こうでなければならない!と、理想を掲げすぎると、自分が苦しくなることもあるよ。

年月を経て、今だからわかることもある。時が来ればわかるよね。

自分たちなりに一生懸命しているのがよくわかるので、口出しよりも見守る!

あと、我が家に滞在するのも数日。

足腰が、体中がきしむけど、一瞬一瞬を大切にしていくつもり。

う〜〜〜〜!!頑張るぞ〜〜〜!!

 

 

| 副院長のブログ | ↑おにむら歯科 ページトップへ| 編集

 

我が家の新年

明けましておめでとうございます。

孫がまだ寝ているので、パソコンに向かっています。(汗)

昨年は、年末のお礼の言葉もなく、ただただ怒濤のおさんどん業に日々邁進していました。

で、改めまして昨年はありがとうございました。

今年もよろしくお願いします。

娘が滞在するのもあと10日ほど。

長かった?実家生活ももう、後半の後半です。

婿どんも、年末28日からずっと滞在しています。

娘様ご家族のために、心込めて、寝食を忘れ(オーバーな!)おさんどんして参りました。

ふと気づくと、自分は食べてないじゃん!!ということもあり。

でも、好きでしてるんだから、自分で納得です。

すっかりおばあちゃん子になった孫は、時々、

「おばあちゃん、かわいい!」と、ボソっと言ってくれます。

それは、スカートをはいていたり、(いつも作業着なので笑)きれいな色の洋服を着ている時みたいです。

孫はダンス?が大好きで、孫がダンスの先生。ジジババが生徒です。

手拍子しながら、孫の言うとおり踊らなければなりません。

時々、「はい、変わるぅ!」と、ダンスしていたところから3人の場所を変わります。

3人手ををつないで廻ったり、ジャンプしたり、すわりこんだり、腹ばいになってまわったり(汗)

手を抜こうものなら、大きな声で叱責されます!

くるくるくるくる・・・エアロビクスもこれまでか?

毎日、孫先生のダンスレッスンに、ジジババは息も絶え絶えです。

ジー様とバー様は、息を切らしながらも、この光景、一生忘れないだろう・・・と思うのでした。

 

そうそう、昨日は一族新年会をしました。

我が家のみんなと、弟家族を合わせて、総勢16名。

ホテルで新年会をしました。

孫と同じ年頃の子供たちはまるで運動会。

走ったり、寝転がったり、運動会並みの大騒ぎ!!

でも、孫たちが仲良く遊んでいるのを見て、周りの大人たちも皆、楽しくうれしく幸せな気持ちになりました。

この情景を亡き両親に見せたかったな。

いつも書いているけど、みんなが仲がいいのが、一番の供養。

きっとどこかで見ていてくれるだろう。

近いようでなかなか会えない親族の面々と親しく話し、幸せな時間を過ごしたのでした。

 

近くの神社に初詣。

神様に昨年の無事を感謝し、今年のそれぞれの決意を宣言し、お正月は終わりに近づきます。

おみくじを引きましたが、何が出ても、受け入れる。だって、人生は山あり谷あり。色々あるのが当たり前。

起こることは必然。それを淡々と受け入れ、真摯に対処していきたいですね。

 

ということで、今年もよろしくお願いします。

あれ、赤ん坊が泣き出しました。これでおしまいです。

 

 

 

| 副院長のブログ | ↑おにむら歯科 ページトップへ| 編集

 

ネット予約

ホームページ上の下記のバナーから診療の予約を取れるようになりました。

当院も以前までは手書きの予約台帳を使用していましたが、今年度より予約のクラウド化を行うようになりました。それに伴い、ネット上で予約できるようになりました。

いちいち電話をかけるのが煩わしいという方は、今後ネットで予約をとってみてはいかがでしょうか。

 

 

| お知らせ | ↑おにむら歯科 ページトップへ| 編集

 

イオンだイオンだ!

年賀状、今までならもうとっくの昔に投函しているのに、今年はまだ・・・(汗)

お歳暮のお礼もまだ・・・ごめんなさい。

去年までなら夜、食事が終わってから、いろいろな事務処理をできていました。

それが今年は、孫をふろに入れ、一緒に遊んで、そして寝かしつけていると、こっちが眠ってしまう。

夜中に起きだして、残りの仕事をする・・・ッてな毎日です。

孫のものごくエネルギッシュな弾丸パワーに振り回されています。

昨日は半ドンでしたので、孫の大好きな?イオンにジジババが連れて行くことになりました。

玄関で、靴を履きながら2歳の孫が言います。

「〇〇ちゃんって、どんだけイオンが好きなんだよぉ!」

ははは・・・自分で言ってる。

イオンが見えてくると

「オジーちゃん、イオンだよ、イオン。知ってる?」

車から降りると、ジジババに手を引かれながら、突然足を投げ出して、ブランコが始まる。

それがずっと続くと、こっちも手が痛くなるよ!

中に入るともう、大興奮。

「キャ〜〜〜〜〜っ!!オジーちゃん、やまんばだ!」と、じーさんをやまんばにして、大声で叫びながら逃げ回る。

買い物はあるのに、そちらに気をとられてなかなか進まない。

帰る頃には、ジジババはヘトヘト。

ま、そんなものですよ。

そんな孫たちも、お正月半ばにはもう引き上げていくらしい。

そりゃあ、愛するご主人の元に帰らなくちゃね。

こんな怒濤の日々もあと、数週間。

一瞬一瞬を大切に・・・

そう、自分に言い聞かせることでした。

 

 

 

 

| 副院長のブログ | ↑おにむら歯科 ページトップへ| 編集

 

鬼様って?

娘の意向で、夜は、居間の電灯を暗くします。

特に孫の寝る前は洞穴生活か?ってな感じ。

大好きなテレビも、見てもいいけど、声はほとんど聞こえない。

ジー様、バー様の聞く音は、娘にとって、ましてや孫たちにはものすごくうるさいんだそうです。

で、こちらまで眠たくなってしまいます。(ただし、孫はギンギラギンと、お目目がぱっちり!)

先日、夜、お歳暮をいただいた方にお礼状を書いていました。

することがたくさんあるけど、疲れてきついし、眠たいし、もう、バー様の頭はいっぱいいっぱい!

一応書き上げてそこらに置いておきました。

すると、ジー様がそれを見て、突然「うははは・・・!!」と、大笑いするではありませんか!?

「これじゃあ、出せないよ!見てごらん。宛先の○○様のとなり、鬼様って書いてあるじゃないか!!

これって、奥様のつもりだろう!?」

「ううう・・・・・・・・・」

きゃーっ、またやっちまったよ。

どうかしてる、バー様。(汗)眠りかぶって「奥様」って書いてるつもりが、

「奥」の、途中3画まで書いたところで、いつも書いてる「鬼」になっちゃんたんだわ。

んもう、私のバカバカバカ!!!

疲れすぎているのよ・・・ということにして。

娘に、「お母さんどうかしてるよ。おかしくなったら遠慮なく教えてね!」

というと、娘が「もう、あちこちあるよ!」っていうではありませんか!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そうか、昔の私はもういないのか・・・っていうけど、昔からこうだったからね。

そんな自分に正直、かなりガッカリしながら、

ま、この程度のこと、笑い話になっていいかもよ!

と、自分を励まし、励まし、生きています。はい。

 

 

| 副院長のブログ | ↑おにむら歯科 ページトップへ| 編集

 

まんが日本昔話

まんが日本昔話。

テレビで、昔、毎週土曜日夜に放映されていたもの。

覚えていますか?

語りは市原悦子さんと常田富士男さんの二人だけ。それはそれはほのぼのとした番組でした。

我が家でも、親子して楽しみにして見ていました。

100冊?ほどの、小さな全集も買って、寝る前、読み聞かせをしていました。

それからうん十年。

その存在すらすっかり忘れていました。

孫が帰ってきて、バー様が孫のお世話係で、毎日寝かしつけることとになりました。

なかなか眠らない孫に、ちょっと怖いお話をして、

「ねんねしないと、○○がくるよ〜〜〜!」と、脅かすしかない!!

と、思いついたのが、まんが日本昔話。

その中で、お気に入りなのが、「3枚のおふだ」と、「おいてけ堀」の2話。

これを孫に話すことにしました。

ぼろぼろの絵本を読んだり、

時にはスマホの、you tube 出検索して探し出し、本家の声優さんにお話までしてもらいます。

孫は神妙にして聞いていますが、

途中から、「おばあちゃん」と、しがみついてきます。

終わると、「怖かった」「怖かった」と、言う孫。

ふふふ・・・うまくいったかも。

で、結局寝ません。

それどころか、毎日孫から、「3枚のおふだ〜!」と、せがまれることになってしまいました。(汗)

え〜〜〜、また〜?

でも、一緒にそのボロボロの絵本を読んでいると、30年前のことを思い出します。

当時、

物語の、怖〜いヤマバでは、バー様が山姥になったり、のっぺらぼうになったり。いや、なりきる!!大得意!!!

3枚のお札では、「ショーキショーキ」(山姥が夜中に包丁を研ぐさま)とか、 「待て〜〜〜〜〜っ!!」(山姥が小僧さんをおいかける)

おいてけ堀では、「それって、こういう顔じゃあなかったですか?・・・つるん!!」(のっぺらぼうになるとき)

迫真の演技をしては、子供たちの怖がる様子を喜んでいました。

子供たち、覚えていてくれてるかな〜

あの頃は子供たちもかわいかった。バー様も若かったな・・・笑

もう、30年も経ったのか・・・

そんな昔を懐かしく思う毎日です。

| 副院長のブログ | ↑おにむら歯科 ページトップへ| 編集

 

年末年始の診療日

年末年始は

 

12月29日(日)から 1月3日(金)まで

休診とさせていただきます。

 

年末は12月28日(土)午前まで診療。年始は1月4日(土)から診療いたします。

 

ご迷惑をお掛けしますが、よろしくお願いします。

 

| お知らせ | ↑おにむら歯科 ページトップへ| 編集

 

そうはいってもサ

孫は一時保育で、保育園が月、14日だけ預かってくれます。

すごく助かります。

登園の日は孫が行きたがらない日もあって、それを払拭するため?バー様がおんぶして登園したことがありました。

すると、とても喜ぶのです。

で、朝は大抵、おんぶです。おもた〜〜〜〜〜〜い!!

それでも喜んでいくなら恩の字!

バー様は頑張ります。

 

昨日は木曜日で昼から休みでしたから、

風邪を引いて体調の悪い娘を休ませようと、昼からずっと孫の面倒を見ました。

まず、お昼寝させるにはドライブ!ね。

それからです。

壊れたプリンターを修理に持って行くのも、ガソリンを入れるのも、頼まれたおむつを買いに行くのも、そして、孫の髪をカットに連れて行くのも、晩ご飯のおかずを買いにスーパーに行くのも、プリンターを引き取りに行くのも、ズ〜〜〜〜〜っと一緒!

髪切り屋さんでは、孫は椅子に座らせると、うわ〜〜〜〜〜〜んと大泣き。先生と一生懸命になだめて、なんとかじっとしていることができました。

あら〜〜〜〜、かわいい!お姫様みたい。孫はご満悦です。

先生の額には汗が・・・

ありがとう先生。

最後は泣かずに頑張れたので、ご褒美に、隣の百円ショップに行っておもちゃを3つ買いました。300円!

暗くなってきて、うちに帰り着くと、ママ(娘ね)が、言います。

「あら、またおもちゃ買ってる!!買わないでっていったじゃん!!(怒)こんなことしてたら、自分たちのうちに帰ったとき、困るのは私なんだからね!!○△□@$%&#><・・・・」

したたか叱られて、うなだれるバー様。

(今は産後。娘が言ってるのではない。ホルモンの変化が娘に言わせているだけなのよ。)

反論したくても、黙って耐える。笑

これだけおつくししても、認めてもらえないのですか?姫!!!ってな感じ。笑

実家に帰ったら、お世話になってるんだから、孫に甘いジジババのおもちゃ攻撃には、少々、黙って耐えなくちゃ。

こちとら、孫が喜ぶのが楽しみで頑張ってるんだからね。もち、与えすぎないように配慮しているつもりだけど。

 

そうそう、うちは水曜日だけ、お手伝いさんに来てもらい、家の中や、スタッフルーム、院長室などを掃除してもらう。

娘が言います。

「今日はお手伝いさんが来る日よ。おかあさん、家の中をちゃんとしとかないと!早く、片付けて!!」

はいはい・・・といいながら、だからこそ来てもらってるんだけど・・・と思う。

娘は掃除機かけたりしてるけど、まかせていいんじゃないの?

 

親子でも考え方は違うから、それを認め合って生活しようよ。

バー様をあんまり叱らなくてもいいんじゃない?笑

 

そう思いながらも黙って耐え、はいはいと返事しながら、ほとんど言うことをきかない困った老母(私のこと)なのでした。笑笑

 

| 副院長のブログ | ↑おにむら歯科 ページトップへ| 編集

 

カテゴリー

宮崎県歯科医師会

スタッフブログ

スタッフブログ

えんりん歯科クリニック