お知らせ
おにむら歯科ブログ
おにむら歯科ブログ

40年ぶりの同窓会

卒業40年ぶりの大学の同窓会。

卒業後、一度も会っていない人たちもいた。

皆それなりに年をとっていて、一瞬誰?と思うけど、若い頃の名残がここそこに残っていて・・・昔の顔が浮かんでくる。

懐かしい顔、顔。

バー様は若い頃、世間知らずで、結構とがって?いたので、樹木希林さんでは無いけれど、あちこち人を傷つけたこともあったかも。

そうだったらごめんなさい。と思いながらみんなを見てました。へへへ・・・

当時の歯学部は女性が少なかったので、女性陣はみんな仲良し。いつ会っても楽しい。

前回の同窓会で、皆の前で、バー様のことを髪が薄い!って大声で言った人は来てなかった!ごめん、正直うれしかった!!(笑)

実験ペアだった、○○君は、それこそ40年ぶり?

実習でいつも一緒。

やさしくて、器用で、実習ではいつも助けられてたな。

実習中の会話。よく覚えているのは

○○君:「今度、ピンクレディーの新曲が出たよ!『モンスター』ていうやつ。」

バー様:「へえ〜!どんなの?」

○○君:「歌ってみるね!『モンスタ〜、この私のかわいい人〜、モンスタ〜、・・・・・・・・』」

バー様:「ほお、面白いね〜!」

・・・・・・・・・・・今考えると、幼くて、おかしくて吹き出しそうな会話ですね。二人ともミーハーだったからね。

実習で、総義歯の実習。器用な○○君はそれは上手に作ったが、人工歯が元の位置から外れてしまい、ピンクの床(義歯の歯茎)の中に埋もれてしまい、まるで埋伏歯となってしまったこと。みんなで大笑いしてたら、先生から「笑っている場合じゃ無い!」と、叱られたこと。

実習中にインスツルメントで手をけがしたら、その場で紙を燃やし、それで消毒してくれたこと。そんな現場での知識にバー様はびっくりしたな〜。

下宿が近くだった△△君は、読書家で、当時「夜と霧」という本を読んで感動して、

「アウシュビッツ収容所で生き残れたのは屈強な人たちでは無くて、夕日を見て、なんて美しい!と感動できるような人たちの方だったんだよ。」と、熱く語っていた。

当時のバー様は、何のことか、っさっぱりわから無かった。

著者はヴィクトールフランクル博士。

高名な精神科医であり、心理学を教えるとき、バー様も本を読んで、同じ処に感動した。

その時、ああ、あのとき△△君が言っていたのはここのところだったんだ!!と、納得したものでした。

皆で昔の思い出を語り合いました。

話は尽きないね。

そして近況は?

仕事を辞めた人。

自分の趣味を心ゆくまで楽しんでいる人。

第一線でバリバリ、歯科界の最先端を行く人。

子供が跡を継ぐ人、継がない人。

歯科医師会の会長になった人。

病気をした人。

亡くなった人。

行方がわからない人。

AKBの追っかけをしてる人(笑)(ちなみに、CDを一枚買うと握手会で10秒間、握手できるそうです。

彼はいつも3枚買うので握手は30秒なんだそうです。はい。独身男性です)

結婚しなかった人。

皆それぞれ、いろんなことを乗り越えてきたんだな・・・

えらいな〜!

でも、人と比較しない。

自分は自分の人生を生きる。

皆で近況を報告しながら、あれから40年も経ったんだ・・・と、改めて時の流れの速さを思ったのでした。

そして、お決まりの写真撮影。

案の定、女性陣は前に座らされて・・・バー様は心配すること無く、無事写真に収まったのでした。(笑)

 

 

| 副院長のブログ | ↑おにむら歯科 ページトップへ| 編集

 

運動続けなくちゃ!

朝、目が覚めると、どっこいしょ!!と、起き出します。

はい、どっこいしょ!です。

最近、ヨガの次の日とかは、体中が痛くてきしみます。

学生時代。

体が弱くて、体育とか休みがちだったり、部活にも入らず、体を動かしてこなかったツケが今頃出てるんだと思う。

ヨガの時は、体が硬くて、恥ずかしい思いをしています。

背中で両手を組む。なんて、全くできない。両手の指の先が近づきさえしない。

背筋も頭が全然上がらない(汗)

どんだけ猫背なんだ!!

それでも、運動は続けなくちゃ。いや、だからこそかも。

やめたら体だけで無く、頭も衰えるだろうと、予感している。

週一の ゴルフレッスン、ヨガ、ウォーキング・・・なにやかにやで、休むこともあるけど、

好きだから・・・じゃ無くて、体が衰えないように、きしまないように・・・続けていかなくちゃ!!

バー様には必要不可欠なんだ!

今度、娘が子連れ里帰り出産するけど、全部はできないとしても、どれかは必ず、続けたい。

自分の体のためだけでなく、娘の子連れ出産をのり超えるためにも、元気を維持していかなくちゃ!!!!

バー様負けない、バー様頑張る!!

| 副院長のブログ | ↑おにむら歯科 ページトップへ| 編集

 

髪の毛の話

最近。ヘアサロンの先生が、

「もう、ご主人は、あなたのこと、ハゲ!っていわないでしょう?  今、誰もそんなこという人はいないよ!」

と、言ってくれます。(半分、ハゲましとは思ってるけど 笑)

一時期、ストレスフルだった頃(息子の養子問題等)、かなり落ち込んでそのせいか、髪の毛がどんどん抜けて、薄くなったことあり。

それがほとんど治った!?と言ってくれてるわけです。

はい。その当時、ジー様は私のことを、ハゲハゲ!と、からかい、ヘアサロンに行って染めてもらえ!と、しょっちゅう言っていました。(涙)

そういえば、最近、ハゲ!とは言われません。

どう?と、頭を下げてジー様に頭頂部を見せると、

「ハゲてはないけど、分け目の白髪で薄くは見える。」ぐらいまでになりました。

ま、そのくらいでいいわ!多くを望まない。

そういうジー様は、全くはげていない。

この年齢になると、普通、ちまたでは、奥さんたちが井戸端会議で、ご主人の髪が薄くなったと、話題になるのが一般的?

それがうちは反対。

ジー様と、私は同級生。

結婚してからずっと、二人でいると、お姉さんですか?っていわれてきたっ!!(怒)

ひどい!

でも、人にはそう見えるのだから仕方ない!!(涙)

また、バー様は白髪で染めているけれど、ジー様は黒々として(最近こそ白髪が目立ち始めたけど)、一回も染めてない。

体もジー様の方が柔らかくて、バー様は「心の硬い人は体も硬いとよ!」と、言われ続けてきた。

く、く、くやしい〜〜〜〜〜!!!

自分の連れ合いにも劣等感を感じながら生きてきた人生だったな〜。

ま、それは仕方ないとして。

今日の宮日の健康歳時記。

薄毛の要因の話でした。

男性型脱毛症の進行に強く関係するのは、

)椰佑良磴稜毛∧貶のおじ、おばが薄毛

なんだそうです。

遺伝因子以外では、「高血圧」「たばこを吸う」「果物を好んで食べる」「健康診断で何らかの異常を指摘された」「飲酒」

などが関係してるそうです。

逆に脱毛が進みにくい因子は、「スポーツをしている」だそうです。

その点。

うちの男の子たちは有利だわ〜。

,癲↓△睫気い發鵑諭

髪の毛と言えば、もうすぐ同窓会。

同窓会と言えば、数年前。皆の前で、同級生(男性)から、大きな声で「頭が薄い!」と言われたことを思い出すのです。

そのたびに、恥ずかしくて悲しくなるのです。古傷を思い出しては毎回傷つくなんて、馬鹿らしいけどね。

と言うわけで、もうすぐ同窓会なので、髪の毛の話をしました。

もちろん、直前にヘアサロンに行って染めてもらうつもり(笑)

| 副院長のブログ | ↑おにむら歯科 ページトップへ| 編集

 

お役目

孫たちのことはかわいいです。

でも、いつか、バー様がこの世からいなくなるときが来る。

そうしたら、自分は孫たちの記憶に残るだろうか?

うっすら残るくらいなら御の字かも。

実際、うちの亡き母は孫たちのことをそれはそれはかわいがっていましたが、

現在。その孫たちがおばあちゃんのことを話すことはほとんど無い!

思い出すことなんてあるんだろうか?

命日や、盆、お彼岸でさえ、あまり話題にならない?(勝手に「今日は○○の命日です」のメールを送りつけているけどね)

そういう自分も、自分の祖母のことを思い出すことは滅多に無い。(祖父はどちらも私が生まれたときには亡くなっていた)

父方の祖母はピアノの上に写真を置いているので、見るたびに思い出すけど、

沢山の思い出というものはない。

ま、うちはそんなものかも。

それぞれ環境が違うので、密な関係の方たちもいることだろう。

孫と幸せな時間を過ごせたという事実が残るだけでいい。

それがジジババの宝物。

みんな順番。

それでよし!

自分は、うちの子供たちに、思いやりとか、優しい気持ちとか教えてきただろうか?

おじいちゃん、おばあちゃん、お年寄り、弱き者・・・を大切にする心とか?

孫たちには、できる範囲で教えていきたい。

それがこれからの自分のお役目・・・と思うのでした。

 

 

| 副院長のブログ | ↑おにむら歯科 ページトップへ| 編集

 

今思うこと

この休みは、娘の子連れ出産に備えて、お布団の準備、整理をしました。

帰省する日。婿どん(ダルビッシュ)は娘と長女を送って、日帰りするんだそうです。(飛行機)

まあ、ありがたいですね(涙)ありがとうね、ダルビッシュ!(注:婿どんは美男子でダルビッシュに似ている)

娘は嫁にやった。古い考えかもしれないけれど、私たち夫婦はそう認識している。

その娘が孫を連れて2〜3ヶ月も我が家に帰ってくるなんて、一緒に時間を過ごすなんて・・・私たち娘の親としてはうれしい。

いつも言っているけど、私たちの人生で、もう最後かもしれない。

大切にしよう。精一杯しよう。

思い残すことの無いようにね。

ただ、娘と孫たちを、嫁ぎ先から預かる訳だから、責任はあるよ〜!

一日一日を、一瞬一瞬を、大切にして楽しみたいと思っています。

 

今度、大学の同窓会があるけれど、

卒業して40数年。初めて会う人もいる。ワクワク!

結婚してない人、結婚している人。子供のいる人。いない人。孫のいる人いない人。

働いている人、リタイアした人。

いろんな人がいるな〜。いろんな人生があるな〜。

みんなそれぞれ。

実は、学生時代から、いつも、自分なんて・・・と、自信なく生きてきた。

でもさ、それなりに頑張ってここまできたじゃないか!

人をうらやんだらいかん!

人と比較したらいかん。

人は人。

自分は自分!

私は私。

これでいいのだ!!

と、言い聞かせる自分なのでした。はい。

 

 

 

| 副院長のブログ | ↑おにむら歯科 ページトップへ| 編集

 

引退はできませんね

スタッフのみんなが大掃除をしています。

え?もう大掃除??まだ年末じゃないよ!

来年の新院長の体制にシフト!の一環として、

古いもの、いらないもの、訳のわからないごちゃごちゃをどんどんどんどん捨てていっているのです。

それら捨てられるものたち一つ一つに、感慨にふける時間なんてありません。

ドンドコドンドコドンドコドン・・・・・・

買うにはかったけど全然読まなかった専門書。ごめんね。

買うには買ったけど、一回も使わなかった機械、器具、ごめんさない。

もったいないね〜〜これらを全部使いこなしていれば、もっと立派な歯科医になっていたかも。(笑)

使うだけ使った品々もありがとう!

執着しない!!

断捨離しながら煩悩も捨てる!!(ようにしたい)

ううう、人生修行だな。

長男は新しい機械をどんどん買う。

先行投資なんだよね。

そして会計のバー様は慌てる。

長いこと、銀行に借金は無かったのに・・・銀行に借りなくちゃ。

めまぐるしく変わりつつあるうちの歯科。

成長、改革には痛みが伴うもの。(なんだろうな)

良き方向へ、美しき方向へ、明るい方向へ向かっているのは確かダス。

こりゃ、まだまだ働かんといかんかいな?

引退はできませんね!(笑)

ど〜ら、覚悟してがんばるかのう!

 

 

 

| お知らせ | ↑おにむら歯科 ページトップへ| 編集

 

何事もほどほどがいい

承継のための種々の手続きに、長男家族がうちに来ることが多くなってきました。

ワイワイガヤガヤ、孫たちがくると、楽しくて面白くて・・・つい、一緒になって遊んでいます。

でも、ふと気がつくと、あれ?ご飯食べたっけ?

で、皆が帰って、時ならぬ時に食事したりしています。

きっと栄養失調になってるかも!(ないない)

皆が来ると、それなりに大変だけど、こう思います。

長男のおかげで、こんないいお嫁さんと、こんなかわいい孫たちが私の元に来てくれたわけです。

夢みたいです。

これから先、自分が無理をしてつぶれないように(笑)あんまり喜びすぎないように。

ほら、東洋医学では喜びすぎも良くないって時々、自分で書いているじゃないの。

何事も淡々と、ほどほどに。

今年の2大イベントの一つ、長男家族の引越し が無事終わった。

中イベント、婦人部総会も、みんなのおかげで無事終わった。

今度は2大イベントのもう一つ、娘の子連れ里帰り出産に向けて、体調を整えていかなくちゃ!!

無理しない無理しない。

何事もほどほどに、てげてげに、ファジーに、「ま、いいか」、を、合い言葉に

今年の山場を乗り切ることにします。

ううう・・・・がんばるぞ〜〜〜っ!!(気合い入りすぎ!!汗)

 

| 副院長のブログ | ↑おにむら歯科 ページトップへ| 編集

 

よか誕生日

水曜日の午前は、バー様だけはお休み。

隔週でヨガに行ったり、月一で病院に通ったりしています。

長男が一緒に仕事をしてくれるようになって、自分の用事をできる時間ができてうれしいです。

昨日の水曜日は誕生日でもありました。

ヨガの帰り、ジー様と長男そしてバー様の3人分のお昼ご飯を生協で買って帰りました。

買うとき、なぜかしら、5人分買いました。特に意図はありません。

男どもが、量が足りない!と言ったときはこれをたべさせよう・・・と、ふと思ったからかな?

そしたらです。帰ってみるとお嫁さんと孫たちが来ているではありませんか!

一言、お祝いを言いに来てくれたんだそうです。

お昼?あるよ!

と、突然お昼にワイワイガヤガヤ、プチ誕生会となりました。

そこで、ジー様が言いました。

「お嫁さんと孫たちがくるってわかってたの?」

「知らなかったよ!でもね、なぜかしら、たくさん買いたかったんだ!」

ま、偶然と言えば偶然だけど、バー様の場合、結構よくあるんですよ、こんなこと。

で、慌てず騒がず、お昼ご飯を楽しめたのでした。

バー様は、誕生日前には子供たちにメールをくださいと、おねだりしているので(笑)

皆からメールをもらいました。はい。いつもの一人を除いてね(笑)

総会の終わった後なので、誕生日のことを知らない方からも総会についてのメールを沢山もらい、

それぞれ返事を書き、また、次の資料を作るのに無い頭を使い、結構忙しい一日でした。

また、3人の方が(誕生日を知らない)、なぜかしらグッドタイミングで素敵なプレゼント???をわざわざ持ってきてくださり

バー様も誕生日のことは言わないまま、うれしくいただきました!!(なんかすごくない?)

そうそう、スタッフからも、素敵なお祝いの品ももらっちゃったりして!!(大嬉)

夜、横になるまでハードな、充実した一日となりました。

ああ、本当に元気になったんだな〜(涙)

そう思えた、とってもいい誕生日でした〜。

感謝ですね!!

 

 

 

 

 

 

 

 

| 副院長のブログ | ↑おにむら歯科 ページトップへ| 編集

 

婦人部総会、無事終わる

今日は私の誕生日。

昨日の余韻が残る、いい朝を迎えました。

やり遂げた感があります。

そりゃあ、完璧では無かったけれど、うちの班のメンバーの方たちが、それぞれの担当分野を

精一杯務めてくれました。

乾杯の挨拶は、一番若い人が挑戦してくれました。

初々しく、ちょっと恥ずかしげなところがとっても好感が持てました。

おみやげとお花は、何度も選びに足を運んでくれ、素敵なものを用意してくれました。

資料の作成。頼めばすぐにできあがり。郵便物を買いに行ったり、歯科医師会に何度も足を運んだり。

山のような郵便物を出しに行ったり・・・

大変でしたが、見事にできました。

会計は頭がさえているので、一つ一つを、きちんきちんとしっかりこなしてくれて・・・

司会は、華やかできれいで、声まで良くて。とっても素敵!

ね、なんかいいでしょう?

会長は私だけど、皆さん御存知の通り、かなり抜けている。

だけど、みんながそれをカバーして有り余るくらい。

そんなメンバーでした。

終わって夜。

みんなから、ホッとした!というメールが来ました。

一年間。ずっと気になっていたけど、肩の荷が下りた。

でも、終わってみると、なんか寂しい・・・

って、いってくれるではありませんか!!

ほんとね!

準備のために何回も集まって、ワイワイガヤガヤ、楽しくやってきたものね。

みんな仲良く連帯感もできて。

今度は、反省会をかねて打ち上げをしよう!!

 

人って、悪いところ、マイナスの面をあげつらえば、いっくらでも出てくる。

いいところを探せば、悪いところに負けないくらい沢山見つかる。

人は完璧じゃ無い。自分も完璧じゃ無い。

マイナスのところは、許し合い、補い合っていこうじゃないか!!

 

すがすがしい朝の中、

とってもうれしい誕生日を迎えたのでした。

 

 

 

| 副院長のブログ | ↑おにむら歯科 ページトップへ| 編集

 

今日は今日は婦人部会

とうとう今日になりました。

本年度から、当番班が会長を兼ねるという体制になり、

声が大きいから、と班長になった私が、自動的に会長になるわけです。

んもう、たまらんて。

ま、しゃあない。誰かがせんとたちいかん。

今日の総会のために、一年間。

うちの班のメンバーと役割分担して、頑張ってきたのです。

私は抜けてる会長なので、みんながフォローしてくれて今日を迎えます。

婦人部の当番班って、近くの歯医者さんの奥さんたちで成り立っているけれど、普段は滅多に会う機会がない。

(ただし、奥さんで女医さんの人は、ほら、私の作った女医の会で毎月会う人もいるけどね。)

が、みんな仲良し。

会の準備のために、皆で協力し合い、ない知恵を絞り合い、ワイワイガヤガヤ、和気藹々と楽しい時間を過ごしてきた。

これって当番班だからこそ。大変だけど、とてもいい関係を作ってきた。

ただし、先月、我が班のメンバーの息子さんが亡くなるというかなしいでき事があった。

お葬式にいたけど、彼女が私を見つけるなり、つつつ・・・と私の方に寄ってきて、私の手を取り、こう言いました。

「鬼村さん。今度の婦人部の準備、よろしく頼んだわよ!」

・・・・・・・・・・ことばが出てきませんでした。

握ったその手、私を見る目、に、言葉に言い尽くせないほど深い悲しみを感じました。(涙)

いろんなことがあって今日です。

皆で力を合わせて乗り越えよう!滅多にない、主催者側のドキドキを楽しもうよ!

ということで、今日は一日診療しません。

ささ、楽しんで!一山超えてきますね。(笑)

 

| 副院長のブログ | ↑おにむら歯科 ページトップへ| 編集

 

従姉

昨日は両親の墓参りに行って、

長男一家が無事、引越しが終わったこと。

また、次男に喜び事があったこと。

実家あとに、弟の長男が家を建てること。

等を報告しました。

亡き、両親はきっと喜んでいることと思う。

 

それから80歳になる従姉とランチ。

ずっと足の調子が悪かったので、ほんと、ひさしぶり!

規則正しい生活と、毎日欠かさないスイミングで、とても80歳には見えない。

二人でおいしい食事をいただきながら、

私の亡き両親の思い出を語り合いました。

母は79歳で亡くなったので、従姉はそれを超しているわけだ。

そのりんとしたたたずまいには驚くばかり。

ただ、車の免許証は返上し、行動範囲が狭くなったと嘆く。

そうだろうな。

私ももし、免許証がなくなったら、環境が一転するだろうな。

でも、事故でも起こしたら大変。

これまた、煩悩を手放す一環として、運転を手放していくことになるのだろう。

先輩の皆さんがたは、みなさん、自分の足をそがれる思いで、手放していかれたことだろう。

いろいろなものを手放す。諦める。それを受け入れる。

また、体もいままできていたことが少しずつできなくなったり、また、病を得たりして、

不自由を感じるようになってくるのだろう。これまた受け入れなくてはね。

その日がいつくるかわからないけれど、少しずつ覚悟しながら、

また、少しでもまわりの人に、迷惑をかけないように、精一杯頑張る。

あとは神様にお任せ。

なんちゃって・・・従姉と話しながら、色々思った一日でした。

 

明日はいよいよ、婦人部総会。

どうか円滑に無事に執り行われますように!

一年限りの会長は、心から祈るのでありました。

 

 

 

 

 

 

 

| 副院長のブログ | ↑おにむら歯科 ページトップへ| 編集

 

里帰り出産準備

娘の子連れ里帰り出産に備えて、畳を替えたり、部屋の掃除をしたり、

おもちゃを用意したり・・・

3年前に使った、ベビーバスを洗ったり・・・

仕事の合間に、お手伝いさんをするわけです。

娘はもしかしたらこれが最後の里帰り出産かもしれない。

私も、これが人生最後の里帰り出産のお手伝いかも。と言うことで、

心を込めて、心残りのないように精一杯頑張りたい。

いつもこれが最後と思って・・・は、授業で教えてきたこと。

明日は、一瞬あとは、誰も誰も保証されていないんですよ!

現実味を帯びてきましたね。

娘と密な時間を過ごせるのも、これで最後かもしれない。

毎日を、その一瞬一瞬を、大切にして過ごしたい。

自分の中で、しっかり覚悟しているんだ!

娘から、用意すべきもの、一覧表がメールで届く。

一つ一つそろえています。楽しみながら。

以前から言っている、今年の2代イベントの一つ。天王山!(もうひとつの、長男家族の引越しは無事終わったからね)

バー様、がんばる!!

えいえいお〜〜〜〜〜〜っ!!!

 

| 副院長のブログ | ↑おにむら歯科 ページトップへ| 編集

 

一日完結の冒険の旅

先日の、ゴルフスクールのゴルフコンペ。

結果は4位!

私、覚えてる。5年くらい前のコンペでも4位だった。

 

4って、幸せのし(四)。

いい数字なんですよ。

なんて言って喜んだことがあった。

 

で、上手になったのね!って思ったら大間違い。

ハンディが半端ない。人の2〜3倍あるんじゃないか?

一緒にラウンドした方は、バー様より1点上だったけど、

最終の順位では、下から2番目!

ということは、その方は、日頃はもの動く上手ってことよ。

コンペ当日は、調子が悪くかったんだ!

大体同じ点数なのに、下から2番目。

 

ふ〜〜ん、4位っていったって、本当のスコアで見ると、やっぱりビリ付近じゃん!!

でも、バー様の心はそんなことでは萎えません。

ゴルフスクールに、何年通ってもうまくならず、

ゴルフコンペのたびに、バー様より後からクールに入学した人たちからどんどん追い越され・・・

というのを幾万回(オーバーな!)と、繰り返してきたので、スコアが悪いのは私の体の一部。

 

視力が悪いとか、筋力がないとか、その類い。(笑)

ここまで来ると、下手が体の中にしみこんで、それが表に出ても、もう恥ずかしいとも思わない。

ふ〜ん、今度はこれくらいか!

てな感じ!

 

それでも続けるのは、

ゴルフって、何が起こるかわからない、一日で完結する冒険の旅。

ドキドキワクワク。

山あり谷あり林あり。

大切なボールが次々と神隠しに遭ったり(行方不明ね)

ゴルフの神様にボールを奉納したり。(池ポチャね)

突然当たらなくなったり、入らないとおかしいくらい短いパットが入らなかったり。

まっすぐ打ってもあらぬ方向へ飛び出したり、

ボールがお砂場から(バンカーね)動きたくないと、突然だだをこねだしたり。

面白いよね!

 

昔はその手のことで、いちいち、動揺したり、泣きそうになったりしてたけど・・・

今じゃ、それがどうしたっ!

な〜〜〜んてこたぁない!死なあせん!!

こちとら、スコアは関係ねえんだ!

参加することに意義があるんだ!

オリンピックと一緒の精神よ!!

問題は楽しめたかどうか!これにかかってる。

 

なんちゃって。

人の10倍くらい、上達が遅いが、それが自分。

ただひたすら、コツコツコツコツ、下手で腐らず続ける。頑張る。

これが自分の人生さ!!

 

ゴルフ歴長いバー様がついにたどり着いた境地ですバイ。

だからといって、何年してるの?って聞かないで。

それはそれで恥ずかしさが残ってるみたいな(笑)

 

 

| 副院長のブログ | ↑おにむら歯科 ページトップへ| 編集

 

孫の成人式

次男のお嫁さんから突然の電話。

な、な、なんと、赤ちゃんができた!だって!?

う、う、う、うれしい〜〜〜〜〜〜っ!!

長男と、長女にはそれぞれ二人子供がいる、もしくはもうすぐ二人になる。

次男はなかなかその兆しがなかった。

それはそれで良し!!二人仲良く、手を取り合ってこの人生を歩んでくれたらいいと思っていました。

そんな中、突然の電話が・・・

なんかしらんけど(笑)次から次へと涙が出てくるのです。

そうね、そうきたか!!

神様は、次男夫婦に、今度は、親としての修行を与えられたか!

大変だぞ〜〜〜!!

今まで自分たちのことだけ考えていれば良かったけど、

我を捨て、他のために生きる。尽くす。無償の愛。

このバー様は、子育てを通して、沢山の喜び、悲しみ、苦しみを味わってきた。

そして成長させてもらった・・・

 

人生は人それぞれ。いろんな喜びがある。

バー様は歯科医として、社会人として、全然たいしたことはなかったけれど、子供を産み育てたことは、最大の喜びであり、生きてきた証かも。

墓標には「歯科医として働きながら3人の子を産み育てた。」かな?

 

神様から与えられた・・・と書いたけど、

(魂の世界から)生まれるとき、自分で選んだ人生。と物の本に書いてあった。

自分が選んだんだから、受け入れ、引き受け、生きるしかない。

え〜〜〜〜〜〜っ、こんな人生選んでない!と思う人もいるかも。

でも私たちは魂の存在。この世は舞台。それも自分で選んだ舞台。役者としてこの世で演じきって舞台裏(魂の世界)に戻り、舞台のできをみなで評価する。

そして、また次の講演に備える。再び舞台に立つのを待つ。より良い演技を求めて。

だから、意に沿わない人生でも、それを一生懸命に演じきろうじゃないか!。舞台裏に帰り、本来の自分(魂)に戻るまで。

と、書いたけど、自分で本当にわかってるのか?  わかってないです。

なんせ、令和の口先ババアですからね。

 

あら?あまりうれしくて、おかしくなってるのかも?

夜あまり眠れませんでしたからね。(笑)

とにかく、この人生。精一杯、丁寧に演じきろうじゃありませんか!!

 

しかし、この子が成人式を迎えるまで生きているだろうか?

成人式、見たいな〜〜〜〜〜!!(笑)

 

 

| 副院長のブログ | ↑おにむら歯科 ページトップへ| 編集

 

人生の総仕上げだなんて

孫(娘の子供)と、時々テレビ電話します。

一時期、孫はたいそうおばあちゃん子で、別れるときは号泣され、こちらまで涙ぐんだものでした。

 

それが、最近のテレビ電話。

もうじき、娘が里帰り出産するので、

「おばあちゃん、待ってるからね!一緒に遊ぼうね!」

というと、孫は

「おばあちゃんとは遊ばない!」

というではありませんか!!

「なに〜〜〜〜〜っ!!もう、何も買ってやらんからねっ!」

と、声を荒げるバー様。いい年こいた大人が言う言葉か!?(笑)

「あれだけいつも色々してあげているのに、○○ちゃんは

恩という言葉を知らんのっ!!」

そりゃ、知るわけないわね。(笑)

我ながら、もう、二の句が継げない。

「せっかく、シールたくさん買ってあるんだけどな〜〜〜。シャボン玉もあるのにな〜〜〜」

金品?で孫を釣ろうとしている。大人げないバー様。

困ったもんだ・・・

 

その点、ジー様は人気あり。

うちに来たときも、バー様が家事をするので、ジー様がおもり役となる。

そりゃあ、ジー様になつくわね。

テレビ電話で、一時期、バー様の顔が見えた途端

「いや〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜っ!!」と、大泣きしたこと、以前書きましたね。

そして言うのです。

「おじちゃん、おじいちゃん!」(笑)おじいちゃんを出せって言うことです。

んもう、ジー様ったら、いいとこ取りで、ずるい〜〜〜。(泣)

 

仕方ないね。

孫の邪気のない言葉に振り回され腹を立てたり、ジー様に嫉妬するなんて・・・ダチカンわね。

人として、人生の総仕上げとか口にしている前期高齢者として、いかがなものか。

今から人格を磨くしかない???(笑)

もう遅すぎかも?

ははは・・・

 

 

| 副院長のブログ | ↑おにむら歯科 ページトップへ| 編集

 

人生における有意義な時間の使い方

92日のみやざき中央新聞も良かったですよ!

魂の編集長水谷謹人(もりひと)さんが書く社説です。

「自分の時間がない」という人へ

という題名でした。その中の文章を写します。

 

文筆業執行草船さん(69)の著書『生来る』に、「自分の時間」を考察する章がある。

こんな言葉で始まる。

「現代人は『自分の時間』を誤解している。それにより多くの人が何よりも尊い、自分に与えられた生命の燃焼に支障をきたしている」と。

どういうことかというと、例えば「仕事が忙しくて自分の時間がない」とか、「人生を時間単位で売り買いする」という発想がとんでもない誤解であるという。

執行さんは菌酵素食品の研究、製造、販売を手がける(株)日本生物学 および、(株)日本菌学研究所の社長である。

33歳でこの事業を興した。

創業の少し前にこどもが生まれ、その3ヶ月後に妻を亡くした。

多くの人は「小さな子供を抱えながら仕事をしていくのは大変だろう」と思う。

しかし、執行さんは「逆だ」という。

「子供がいたから事業もやってこれた。家で子供の世話をしたり、寝顔を見たりして気力を取り戻していた。自分の時間がないと考えたことは一度だになかった」と、当時を振り返る。

「事業は私の時間が社会に役立っている喜びを与えてくれた。」

「子供の存在は私が一人の人間として生きている実感を与えてくれた。」

「事業や子育ては、自分の時間を奪う物ではなく、自分の時間を有意義たらしめてくれるものであった」

そしてこう断言する。

「仕事や家族との時間は『自分の時間』の代表的なものだ。人生における有意義な時間の過ごし方とは、仕事と家族に多くの時間を当てることである」と。

 

うううう・・・・・・・・感動しました。(感涙)

バー様は若き日。仕事と子育てに追われて、まさに「自分の時間がない。いつになったら自分の時間ができるんだろう!!」

と、年中、不満たらたら、思っていたからです。

これって勘違いしてたんだ!!

本当は何物にも代えがたい黄金の時間を生きてきたんだ・・・

そして今。

一生懸命に仕事して、

家族との時間を何よりも大事にしている。

無趣味で面白味のないバー様。

だけど、ああ、これで良かったんだ。

これまで生きてきた時間を、まるごと肯定されたようで・・・

これからも一番大切なことを一番大切にして生きていきたい。

これで良かったんだ・・・しんみり・・・

 

 

 

| 副院長のブログ | ↑おにむら歯科 ページトップへ| 編集

 

息子の誕生日

息子の誕生日。

およそ20年ぶりに、誕生日をともに過ごしました。

特に「誕生日を祝う」ほどのことはしなかったけど。食後のデザートをちょっと豪華に(笑)

 

おにむら歯科の誕生日といえば「パンツ」。

息子もスタッフからパンツの詰め合わせをもらって喜んでいました。

ここ30年ほど、スタッフのお誕生日には日頃買えないような、パンツを贈ってきました。

技工士さんは、ふざけてパンツを被った写真を撮ったりしましたね。アルバムに残っていて、見るたびに笑ってしまいます。

ジー様もスタッフからもらった沢山のカラフルなパンツを、タンスの一つの引き出しにきれいにたたんでお花畑のようにして大切にしています。パンツ専用の引き出しです。

今ではもう、女性陣はパンツは飽きて、それぞれの希望に添ったのもを用意しています。ソックスセットが多いかな?

あら?話がどんどんそれました。

 

で、37年前の、昨日。

バー様は、高齢出産で長男を生んだわけです。

へその緒が首に巻き付いていていたらしく、出産には長くかかった。

私も苦しかったが、赤ん坊(息子)も苦しかった。

私は根性があるので(笑)出産の激痛の中、一言も、痛いと、声を発せず、騒がず、じっと耐えに耐えて、

産婆さん(助産師さんのこと)に、痛く褒められました(笑)

一方、赤ん坊のほうも、

あまりに苦しくて、子宮の中でうんちをたくさんして、

生まれてきたときはうんちまみれだったそう。

産婆さんは私にすぐには見せてくれなかった。

きれいに洗ってから母親の元に返され、やっとご対面。

はじめまして!

ひえ〜〜〜〜〜〜〜〜っ!!主人の父親にそっくりではありませんか!!!

あまりに強烈でした。

 

その後、山口のおじさんが梨をたくさん送ってくれて、産後の疲れを癒やしました。

病院のベッドで、パクパク、パクパク・・・

おじさんは今も毎年この時期に、梨を送ってくださるので、そのたびに長男の出産を思い出します。

 

出産と言えば、息子が自分の子供が生まれた時、愛おしそうにだっこしていました。

 

私も、そうやってあなた(息子)を愛おしく思い大切に育ててきたんだよ!

それが今では、その息子に叱られっぱなし(笑)

う〜む、どうしたものか!

 

息子にしてみれば、このバー様。煙たかったり、お料理下手でまずいものを食べさせられたり、新しい治療についていけない問題児(問題ババア?)

だったりするかもしれないけれど、

愛情いっぱいに育てたんだよぉ!

 

37年の年月を思い、感慨深い一日でした。

 

 

 

| 副院長のブログ | ↑おにむら歯科 ページトップへ| 編集

 

けんかの後で

久々にジー様とけんかしました。

一山超え、カッカしていた頭が冷えて・・・

その時、頭によぎったこと。

 

・過去と他人は変えられない。変えられるのは今ここの自分だけ。

・(人に)期待しない。

・欲張らない。

・先心配しない。

・夫婦は映し鏡。

・おこることはすべて意味がある。

・いつもニコニコ機嫌良く。

・一番悩む人に、鍵はある。

・これでいいのだ。

・人生は思うようにはいかない。その時、

自らの生き方を見つめなおし、そこから貴重な学びを得て、
自分自身の成長につなげていくことができる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

等々、心理学で学んだ言葉が、次々と頭に浮かんだのですが、

これらの言葉が芯から腑に落ちていれば、

けんかなんかしないわね〜!!(笑)

 

せっかくの言葉も知っているだけじゃダメ!腑に落とさなくちゃ、本当にわかったことにはならない。

 

でも、完璧ってあり得ない。

失敗もしてもいいのよ。

そこから学んでいくんだから(笑)

 

グジャグジャ考えても何の得にもならない。

 

これでいいのだ。

とにもかくにも、いつもニコニコ機嫌良く!

これにつきるな〜〜〜

 

と、反省し、そんな未熟な自分もかわいい!?と思ったのでした。(笑)

 

 

| 副院長のブログ | ↑おにむら歯科 ページトップへ| 編集

 

認知症とともに

今朝の朝日新聞。

良かったです〜〜〜。

 

認知症診療の第一人者で、ご自身も認知症になった、長谷川和夫先生の話です。

 

普通に暮らすにはそう支障はないが、もの忘れがひどい。

自分の中の「確かさ」があやふやになっている。

朝起きて少し時間がたつと、、今が昼か夕方かはっきりしなくなる。

認知症というのは決して固定した状態ではなく、認知症とそうではない状態は連続していて、いったりきたりだそうです。

 

近くの有料老人ホームに体験入居をしたら、

食事がおっくうなとき、職員が上手に気持ちをのせて、食堂に連れて行ってくれる。

お風呂も最高!髪の毛もゴシゴシ洗ってくれて、王侯貴族のような気持ちだったそうです。

 

キリスト教徒である長谷川先生は言う。

「認知症は、すべての人に訪れる死を前に、神が与えてくれた「恩寵」かもしれない。

自分には心臓病もあり、本当に死を考えたら、不安でいっぱいのはず。

神様は、その不安をやわらげるために私を認知症にしてくれているのでは?

ならば、神の手に任せよう!

いずれにしても生きているうちが花。

過去ではなく今を生きることが大切。

明日やることはちょっとでも今日手をつける。

そんな心がけで生きようと思っています。」

 

隣町に住む次女が、毎朝、電話で先生と話すのが日課。

「すごく幸せだ」と、毎日言われるそう。

認知症になって不安やいやな気持ちはもちろんあるだろうが、それでも幸せだという気持ちを忘れていない。

 

ほしがっていた時計を買ったことも忘れて、いつも初めて聞いたように喜んでおられるので、

ご家族も何回も一緒に喜んで笑っておられるとのこと。

 

う〜〜〜〜む、なんてすばらしい!

今まで認知症が怖くて、ぼけだしたら、どうしたものか・・・と悩んでいたけれど

そうとはかぎらないのね。

 

お写真で拝見すると、先生は、柔和な穏やかなお顔。

隣の奥様も、ニコニコして、お優しそうで、お幸せそう。

 

お二人は人徳もあられるからこそ、今があるのかもしれない。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

この記事を見たと言うことは、ここから何かを学びなさいと、神様に言われているのかも。

 

まだ来ぬ未来を憂えず、今ここを感謝して生きる!!

なったらなったとき。神の手に委ねる。神様の言うとおり。

これしかない!!

 

そう学んだのでした。

 

 

| 副院長のブログ | ↑おにむら歯科 ページトップへ| 編集

 

根性あるかも

昨日のことです。

なんだか体がきついので、

仕事が終わって横になっていたら、体が熱くなりました。

どれどれ、体温計は?っと、あら〜〜〜38度2分。

でも、食欲もあるし・・・お風呂に入ってご飯を食べて・・・早く寝て・・・

現在に至る。

ええ、仕事はちゃんとこなしました。

食事も作りました。

きついと言えばきついけど、

今日は朝から婦人部総会の準備の会。

休んだりしません。

・・・・・・・・・・・・・・

自分で言うのも何ですが、本当に根性ある私。

自分で自分の体がどうなっているのかが、よくわからないのでは?

ほら、きつい時期があったと、何度も書きましたが、

それに比べたら何でもない!!ことはないけど、きつさが比較にならない。

私、これくらい、頑張れる。

私、負けない。

・・・・・・・・・・・・・

我ながら、根性あるよ!!

偉いのかおかしいのかわからないけど、これが自分。

そうやって、いつか、ポキンと、折れるとしたら、

ピンピンコロリにならないか?それは本望。

 

ということで、今日も頑張る!!

| 副院長のブログ | ↑おにむら歯科 ページトップへ| 編集

 

小さな誇り

時々、女性歯科医の会お話をしますが、

実はこの会は私が作った会なのです。

うちの一番下の子である、娘が小学校に上がるとき、もう子供にそんなに手がかからなくなる。

保育園の送り迎えがなくなるからね。

それまで私は仕事はフルタイム。3人の子育てで、毎日、しっちゃかめっちゃか、忙しかった。

その中で歯科の勉強会や講習会、講演会等、母親歯科医は出席することは難しかった。

子育てが一段落して、冷静に自分を見つめてみると、

どんどん新しくなっていく歯科の流れについていけていない、取り残された自分がいる。

わからないことを尋ねるひとがいない。

それはあまりに基本的なことばっかりで聞くのも恥ずかしい。

子育てで歯科界から取り残された母親歯科医は私だけではないはず。

一人じゃなくて、ある程度の人数が集まったら、会として、偉い先生方に聞きやすくなるのでは?

というわけで、ママ歯科医友を誘って、女性歯科医の会立ち上げたのです。

小さな会でしたが、講師を呼んで勉強したり、実習したり、お互いに悩みを打ち明け合ったり。

気がついてみると、私にとってなくてはならない会となり、メンバーは心の友となっていました。

沢山の方が入会してはやめて行かれました。

今残ったのは会を心から愛してくれる、筋金入りのメンバーたちです。

こんなバー様もいれば、若い人もいる。

若い人は、子育てしながら、平気で全国各地の勉強会に飛び回っている。

そうできる環境もあるのでしょうが、素晴らしい。

自分にはできなかった。

また、メンバーたちは、それぞれ自分の趣味をもち、公私、とても充実した生活を送っている。

みんな、すごいな〜〜〜!!

私?あんまり趣味ってないの。つまらんやつです。

なんて、自分を卑下したらダメ。

自分は自分だったよね?人と比較することから苦しみは生まれるんだったね。(笑)

ということで、いつまで歯科医をできるかわからないけれど、

この女性歯科医の会を頼りに、できるだけ長く歯科医を続け、メンバーと支え合い、仲良く人生を歩んでいきたい。

この会を作ったと言うことは、私がこの人生でなしえたささやかな誇りとも言えるかも。

ということで、バー様歯科医は今日も頑張る。

| 副院長のブログ | ↑おにむら歯科 ページトップへ| 編集

 

引き算の時期

長男が帰って、毎日診療を初めて、3週間ほどになりました。

引越しの後始末も大体終わって、何もかもが、少しずつ落ち着いてきました。

あとはいろんな手続き。

ボチボチ計画していきましょうか。

昨日はキャンセルのあった時間に、治療が終わって5年以上たった模型等を、処分することにしました。

長男が近い将来、院長になるので、世代交代に向けての大掃除?かな?

棚の中で、ぎゅうぎゅう詰めの箱たち。それは計画診療した方たちの模型がはいっています。

治療前、治療中、治療後・・・と、山のような模型。

箱には一人一人、名前が書いてあります。

その箱をあけて、沢山の模型をビニールのゴミ袋に、次々に入れていきます。

あら、○○さん。これは△△さん。あれは□□さん。・・・

ああ、どれも懐かしいです〜。

私は平凡な歯科医でしたが、それなりに一生懸命に精一杯治療してきた、その足跡です。

ううう・・・懐かしい。思わず手に取ってしまいますね。

中には亡くなられた方も。ご高齢になって通えなくなった方も・・・

私の歯科医人生で、治療という時間を共に過ごしたかたたち。

ありがとうございました。お世話になりました。

患者さんを通して沢山学ばせてもらいました。

私が歯科医として関わることで、その方の人生(特に歯科人生)が、少しでも改善したとしたら、こんなうれしいことはないです。

何の取り柄もない私。歯科しか(笑)できない私。

それがお役に立てたとしたなら本望です。はい。

捨てるに忍びない模型ばかりですが、

執着を捨てて・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ふりむかないふりむかない・・・

ということで、確実に 「人生の引き算の時期」 を迎えたんだな〜〜〜と、改めて思うことでした。

 

 

 

| 副院長のブログ | ↑おにむら歯科 ページトップへ| 編集

 

一般庶民のオリンピック

引っ越してきたばかりのお嫁さん。

強運の持ち主で、オリンピックチケットが、4枚当たりました。

家族で行こうじゃないか!

で、ニュースを見ると、泊まるところがない・・・って???

どれどれ、じゃらんや、楽天を見ると・・・・・・ないないない!!!!

あってもすごく高い!!

それも、オンライン決済のみで、500日前からキャンセル料100%・・・だって?

一旦買ったら、もうキャンセルできない、お金は戻ってこないってことね! Oh MY God !!!!

 

ほんなら、飛行機とのパックはだったらどうだろうか?

ぎゃ〜〜〜〜っ、ないよ!ないよ、どうなってるの?

これって、旅行会社が買い占めているの?

一般市民の私たちはどうするの?

 

そんならホテルと飛行機、それぞれとろうじゃないか!

でも飛行機は、一年も前からは販売してないよね?

え?もう販売してるの?もう買えるってか?

ヒ〜〜〜〜っ!!!!い、い、い、急いで、か、か、買わなくっちゃ!

し・ら・べ・て・みると・・・

ありゃ〜〜〜、ちょうどいい時間帯は残りわずか!で、なになに、帰りの羽田からは、片道4万???早割でこれ?????

ギョエ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜っ!!!!!

どうなってるんだよぉ、オリンピック!!

人類のおまつりだよ、もっと人類に易しい環境で開催されてよ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!

 

こんな風で一日中、胸はドキドキ、呼吸は浅く、血は頭に上り、

お嫁さんと電話でやりとりしながら、やっとこさホテルも飛行機のチケットもゲットしたのでした。

ええ、我が家のレベルからすると、高かったです。(涙)

でも子連れだし、一年間で日割りすれば(汗)高くはない!!(どういう計算だ?)

安心料と思えば・・・ね?

な〜〜〜〜んて、自分を納得させて一日を終えたのでした。

あ〜〜〜、心臓に悪い。

 

| 副院長のブログ | ↑おにむら歯科 ページトップへ| 編集

 

10月の休診日

10月は14日(月)、22日(火)の祝日は休診とさせていただきます。

 

10月17日(木)、24日(木)は 18:00 まで診療しておりますので、木曜日午後希望の方は来院ください。

| お知らせ | ↑おにむら歯科 ページトップへ| 編集

 

高齢化する女性歯科医の会!?

昨日は、久々の女性歯科医のお食事会だったのですが、

いつも一緒に行く、近くの女医さんの車を待っていました。

いくら待っても来ません。

昼、もらったメールには「9時頃来ます。」って書いてありました。

ははは・・・19時って書くのを9時って間違えて書いてる。(笑)(19時半が食事会の開始)

で、私は「9時じゃ遅いよ!」

と、返信しましたが、既読にならない。

で、そのまま19時に、家の前でず〜〜〜〜〜っと待っていました。

いつもなら、早めに来る彼女。

立ったまま、彼女の家の方から来る車を一つ一つ、やり過ごします。あの車かな?これかな?いや、きっと次の車よ・・・

いくら待っても、うちの方へウィンカーを出す車はいない。

いつの間にか辺りは暗くなって、みんなライトを照らして通り過ぎます。

それでも来ない。

30分位してから、しびれを切らして、何回かメールしましたが、既読にならない。

え?どうしたんだろう、こんな切羽詰まった時間になって、何の返事も来ないなんて・・・

電話を何回かしてみました。

携帯に・・・でない。

病院に・・・でない!

FAXに・・・ピーーーーッ!・・・でるわけないよね(涙)

おかしい・・・人を待たすような人ではない。

きっと何かあったんだ!!!!

おばあちゃんが最近、体調が悪かったから・・・何かあったのかもしれない。

救急車で運ばれて・・・もしかしたら、救急車の中?いや、今はもう病院かも(汗)・・・と、妄想はどんどん膨らみます。

ど、ど、どうしよう・・・

とにかく、私はとにかくみんなの元へいかなくちゃ。

それからタクシーをよび、遅れてついたのでした。

タクシーが止まろうとするとき、電話が鳴りました。

その女医さんからです。

「先生、すみません。何度もお電話いただいたみたいで。も、もしかして、今日、お食事会?でしたっけ?」

「うん。だから、一緒に行こう!ってメールしたじゃん」

「あら〜〜〜、25日の(婦人部総会の)集まりの話かと思っていました。」

「はは〜ん。だから9時にお迎えに行きますって書いてたのね。」(そっちの方は、朝9時半から)

なんともトンチンカンな、かみ合わないメールでしたね。

「いいから、早くおいでよ!○○ビルの△△っていうところよ!」

「でも、もう晩ご飯食べちゃいました・・・」

「じゃ、もう仕方ない。今回はお休みね!」

そう言って電話を切りましたが、

あ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜っよかった〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!

なんかあったのかと思った。(涙)

私もホント、早とちりなんだから・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

でも、こんなポカ、誰にでもあるよね。

もう一人の会員におとといメールしたとき、「明日会えるのを楽しみにしてるからね!」

って送ったら、

「明日だった?忘れてた!」という返事。

そういう私も2〜3日前に、手帳を開いて、忘れていたのに気づいたばかりでしたから。(笑)

この女性の会も高齢化が進み、こういうポカがますます出てきやすくなることでしょう。

心配もしたけど、ポカするの、私だけじゃないんだわ。ふふふ・・・

と、心密かに胸をなで下ろしたのでした。笑

しかし、ほんと、なにもなくて良かった〜(フ〜〜ッ)

| 副院長のブログ | ↑おにむら歯科 ページトップへ| 編集

 

幸せな老歯科医

前にも書いたと思うけど、

私が幸せだと思うことは、

うちのスタッフたちを、大好きだし、それぞれを尊敬しているし、幸せであれ!

と、心から思えることだと思う。

尊敬してるって、みんな私の子供たちよりも若いけど、一生懸命に仕事してくれる。

難しい機械や仕事に取り組んでくれるし、講習会にも自分たちから「行きたい!」という。

その姿勢には頭が下がる。

そのうえ、みんな人柄もいいしね!

歯科は特に、スタッフなしではやっていけない。

どうせ仕事するなら、大好きな人たちと仕事できるなんて、こんな幸せなことはないんじゃないか?

歯科医人生において、「終末期」とまではいわないけれど、「後半もいいとこ」の、この時期に、大好きな仲間たちと、

落ち着いた和やかな環境で仕事できるなんて、こんな幸せな人生はないわね!!

患者さんの中には、「あの女の先生はダメ!」の方もいるけど、「はい、わかりました。」(笑)

若い時は、ちょっと悲しかったりもしたけど、今は違う。

皆に好かれるに越したことはないが、それはあり得ない。ということを学んだしね。(心理学)

「そうなんですね。他の二人の男性歯科医、どちらかに代わりましょう。」

無理がないから、私も無理しなくていいもの。(笑)

ま、あんなこんなで、幸せに楽しく仕事しています。

 

 

| 副院長のブログ | ↑おにむら歯科 ページトップへ| 編集

 

ああ面白かった

歯科の仲間の息子さんが亡くなられました。

うちの娘と同級だった。31歳。

果敢に闘病されたし、これ以上ないくらい精いっぱいご両親は看病されたし・・・

どうすることもできなかった。

自分の命より、大切な子供が先に逝く。

耐え難くこんな悲しいことが身近に起こるなんて・・・

受け入れがたいけれど、、受け入れるしかない。

人の寿命って自分の力ではどうすることもできない。

わかってはいても、特に子供の死は・・・

慰めの言葉もないし、何もできない。

ただ、寄り添い、時を共に過ごす。

 

そうよ、人は寿命はわからない。

だから、ただ、与えられた時間を真摯に大切に生きる。

いつお迎えが来てもいいようにね。

 

先にお浄土へ行かれた。

残された者たちも、早晩、そちらへ行きます。

会えたら話ができたらいいな。

 

この世を去る時、「ああ面白かった」と言って死にたい。と、佐藤愛子さんが言っていた。

苦しいこと、悲しいこと、つらいこと、みんなひっくるめてそれでも人生面白かった・・・という意味だろう。

私もそうありたい。

そしてみんなにありがとう!と言って死にたいな。

 

昨日は「死」について、いろいろと考えさせらることでした。

| 副院長のブログ | ↑おにむら歯科 ページトップへ| 編集

 

扉を開いて

1週間ほど、お引っ越しを手伝ってくださったお嫁さんのお母さんが、帰って行かれました。

バー様は、空港にお見送りに行きました。

お母さん。本当にありがとうございました。

お母さんがついてきてくれることで、お嫁さんはどんなに心強かったことか。

子供たちもいるからね。

引越って、ものすごいエネルギーを使いませんか?

お母さんはお疲れの様子もあまりなく、ちょっと驚きです。

(バー様はダレました。)

お別れの時は胸いっぱいになる。

 

ご縁あって親戚となる。

うちは子供が3人だから、3組のご両親と親戚となった。

いつも同じ言葉ばかりいうけど、どうせなら仲良く。

お互いに

うちの、息子が、娘が、お世話になります。

至らぬ息子、娘ですが、よろしくお願いします。

 

話はそれましたが、空港へお見送りに行って、

今年の2大イベントの一つは、一段落、完結したのでした。

 

よくやったよ。自分。

人と比べたら大したことはないだろうけど、これ以上できないかも。

ホッとして、気が抜けて、風邪ひいてしもた。

 

さ、これから、また新しいスタート。

新しい世界への扉を開けて・・・

ワクワクドキドキ

最初の一歩を踏み出そう!

 

肩の力を抜いて、ありのままで。

これからいろいろあるだろうけど、皆で力を合わせて乗り越えよう!!

 

 

 

 

 

| 副院長のブログ | ↑おにむら歯科 ページトップへ| 編集

 

引っ越ししてから

長男の継承に当たり、母親として少しでも役に立てばと、新しいホームページでのブログを始めました。

おかげさまで、新しいブログへは、少々?入りやすくなりました。

以前のブログからここに引っ越した当初は、このブログにたどり着くのが、なかなか大変で、

よっぽどコアな、読者の方だけがたどり着くことができる、いばらの道でした。

あの、「眠れる森の美女」のいばらの森のように、お姫様(はい、私、バー様ですが)にたどり着くためにです。

ホント、すぐに見つけてくださった方、ありがとうございます。

読者数は、引っ越し当初は、以前の10分の1くらいで、今は、5分の1くらいです。

(気にしない気にしない。書ける場があるだけで余は満足じゃ。)

ご縁のある方だけが選ばれた、ノアの箱舟!(笑)で、今があります。

さて、たどり着いたところはどこでしたっけ?そこはパラダイスか?はたまたグダグダの国か?

な〜ンにも考えていない、一人のバー様が、老いの気配を感じつつ、また認めつつ、人生の仕上げという大きな(大げさな)目標に向かって、あたふたとしながら生きている・・・そんな感じ。

自己評価の低い、ちょっと屈折した自分を少しずつ解放しながら、忘れがちな「ありがたいこと」を思い出しながら、

「本当に大切なこと」は何かを思い返しながら・・・

口先では良いこと言うけど、実際の行動とは伴わない、自称「口先女」(口先バー様)ですが、

それなりに、精一杯、淡々と生きていきたいと思います。

あれ?今日は一体どうしたんだ?

 

| 副院長のブログ | ↑おにむら歯科 ページトップへ| 編集

 

巡り巡って

木曜の午後はお休み。

長男家族が食事に来ました。お嫁さんのお母さんもご一緒に。

お料理とか、超苦手な私ですが、下手くそなりに精一杯用意しました。

もっちろんろん、お惣菜も買ってきました。

みんでわいわい。楽しい時間。

お引っ越しの手伝いに来てくださっていたお嫁さんのお母さん。

この暑い中、娘のために、一生懸命にに動いてくださったのに、疲れも見せずに、お元気な様子。

私が一番バテてたかも。

でもバテてはいられない。

姑として、祖母としての役目はこれからだからね!

帰り際に、お母さんが言われました。

「よろしくお願いします。」

短い言葉の中に、沢山の思いがこもっていました。

「こちらこそです。」

ご縁あって、嫁姑となった私とお嫁さん。

物の本によると、実の娘より、お嫁さんの方が前世のご縁は深いそうです。

うちの娘だと思って、大切に付き合っていきたい。

これから、仲良く、助け合い、励まし合って、生きていこう。

頼みたいことがあったら、何でも言って!

できることはするし、できないことはしない。(笑)

反対に、私が頼んだとき、無理ならあっさり無理と言って!

いい関係でいるためには、ありのままがいいと思う。

お互い無理のない、ありのままの自然体で付き合っていきたい。

そういう私も、嫁いだ娘を持つ母親。

自分の娘が幸せであれ、嫁ぎ先のお母さんと仲良く、良い関係であるようにと心から思う。

また、自分が嫁であったとき、主人の母に、とても優しくしてもらい、いい関係でいられた。

マジ、幸せな嫁だった!!

今度は私が姑さん。主人の母のようなお姑さんを目指すわね。

ほら、立場はぐるぐる巡りくる。

みんなおんなじ。私はあなた。あなたは私。

ご縁あって、ここにいる。

これからも、認め合って、受け入れていこう!!そう堅く決意したバー様なのでした。

帰り際に孫が言いました。

「宮崎、楽しかった〜!」(笑)

| 副院長のブログ | ↑おにむら歯科 ページトップへ| 編集

 

カテゴリー

月別記事を見る

宮崎県歯科医師会

スタッフブログ

スタッフブログ

えんりん歯科クリニック